若者に広がる「大麻」…乱用した際の恐ろしい症状とは?

秋元才加とJOYがパーソナリティを務め、生活に身近な情報や政府の取り組みをわかりやすく伝えるTOKYO FMの番組「秋元才加とJOYのWeekly Japan!!」。6月30日(土)の放送では、厚生労働省 監視指導・麻薬対策課の牧角一信さんに、「身近にひそむ薬物乱用」について伺いました。

若者に広がる「大麻」…乱用した際の恐ろしい症状とは?

左から秋元才加、JOY、牧角一信さん



日本で薬物乱用により検挙された人は、平成28年では1万4,000人。そのうち、大麻で検挙された人は3年連続で増加していて、そのほぼ半数は10代・20代の若者なのだとか。20代の15人に1人、10代の28人に1人が“過去1年以内に薬物使用経験のある知人がいる”と回答した調査もあるそうです。若者にとって薬物は、大人が考えているよりも身近になっているようです。

インターネット上などでは、大麻に対し「タバコより身体に悪くない」「依存性がない」などの意見も見かけます。しかし、牧角さんは「大麻が脳に悪影響を及ぼすことは研究で明らかになっている」と否定。「大麻を乱用すると、時間や空間の感覚がゆがんだり、イライラしたり、不安になったりなど情緒が不安定に。長く続けると幻覚や妄想などの症状が出たり、物事を考えられなくなったり、無気力になる」と続けました。

人は、どのようなきっかけで薬物に手を出すのでしょうか。牧角さんは、「知人から誘われ、興味本位で手を出すケースが多い。誘われた際にはきっぱりと断る必要がある」と語気を強めます。「薬物の乱用は、あなたの心身や人生そのものに悪影響を与えてしまいます。どうか自分を大切にしてください」と訴えました。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「若者に広がる「大麻」…乱用した際の恐ろしい症状とは?」の みんなの反応 9
  • 匿名さん 通報

    日本で大麻なんか吸ってる奴はクズ。大麻解禁を叫んでる奴の顔つきを見れば判る。

    6
  • 匿名さん 通報

    栽培して捕まるバカがいるようだけど、山間部に渡り鳥が大陸から運んできたのが自生し普通に生えているけど、誰も採ろうとしない。警察がバーナーで焼きに来るけどすぐにまた生える。生命力があるなあ。

    3
  • 匿名さん 通報

    相当、世界とズレてることすら理解できてないのかな?国民は皆それに気づいてますよ。「大麻を吸わないから脳に悪影響が及んでる」としか思えません。

    2
  • 匿名さん 通報

    タバコ税が高くなると大麻を吸う人が増えるっていうのは海外の事例ではよくある事。何事も撲滅するのは不可能なので禁止したり規制するだけじゃなくバランスを取らないと必ず歪みが生じるでしょう。

    1
  • 匿名さん 通報

    大麻の薬効や害はともかく、それらを扱う売人と接点を持ってしまうところが最も怖いところであると思っています。

    1
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年7月1日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。