青山:私、あんまり後輩とつるむの好きじゃないんですよ。というか、あんまりいないんです。年上と遊ぶ場合が多いので。

鈴木:でもそういうタイプの人って、急に後輩が増えますよ。急に。

青山:本当ですか。わーめんどくさい。

鈴木:えー今日はですね、「秋の恋愛ホンネ相談室」というテーマなんですけど、39歳の女性から。「5月から独身男性と不倫しているママ友がいます。最近彼のほうが本気になって困っています。ママ友は遊びのつもりで、子どもも小さいので離婚するつもりもないようです。私には関係のない話ですが、心配になります」。これ、どうでしょう?

青山:その前に「友達が心配です」ってメール送ってくるのは絶対心配していないな、って。

鈴木:はははは!

青山:絶対楽しんでるな、って。あのね、女の「心配なんだよね」は信用できないですよ。

鈴木:本当に心配しているやつって誰にも言わないよね。

青山:そう! ラジオに送らない、絶対。

鈴木:心配じゃない(笑)。でも楽しいだろうね、周りにこういう人がいたら。次は29歳の女性から。「ついに私の周りの仲のいい女友達が全員不倫経験者になりました」。青山さんの周りはどうですか?

青山:でもまあ…やることやってんだろうな、と思いますね。

鈴木:今、ご自身の恋愛は?

青山:私は普通にサラリーマンと付き合っているんで。普通の恋愛です。

鈴木:何がよかったの?

青山:別に好きな人がいたんですけど、ちょっとうそつきで。そこで今の彼から「俺のほうが絶対幸せにするで」って言われてキュンキュンきちゃったんです。