尾崎世界観「“エロ”を本気でやろうと思った」クリープハイプの分岐点となった楽曲とは?

尾崎世界観「“エロ”を本気でやろうと思った」クリープハイプの分岐点となった楽曲とは?
       
ファッションデザイナー、起業家、インフルエンサーなどマルチに活躍するハヤカワ五味がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「マスメディアン 妄想の泉」。この番組では、さまざまなフィールドで活躍する起業家やクリエイター、アーティストをゲストに迎え、未来を面白くするヒントを“妄想しながら”探っていきます。11月28日(土)の放送は、11月24日(火)に開催したオンラインイベント「『妄想の泉』YouTube LIVE配信 第2弾」でのトークの模様をお届けしました。
尾崎世界観「“エロ”を本気でやろうと思った」クリープハイプ...の画像はこちら >>

(写真左から)尾崎世界観さん、ハヤカワ五味、カツセマサヒコさん



◆尾崎世界観とカツセマサヒコの接点
今回ゲストに迎えたのは、4人組バンド・クリープハイプの尾崎世界観さんとライターで小説家のカツセマサヒコさん。この日が初対面という2人ですが、今年6月に発刊したカツセさんのデビュー小説「明け方の若者たち」(幻冬舎)の帯の推薦文を尾崎さんが担当した、という接点があります。

かねてからクリープハイプの楽曲を聴いたり、尾崎さんの著書を読んだりするほどのファンだというカツセさんは「ようやくお会いできた!」と恐縮しきり。一方、尾崎さんは「まだ帯だけの関係です」と笑いを誘いつつ、「カツセさんの作品にクリープハイプ(の名)が出てこないんですよ(笑)」との思いがけない指摘に、「本当に好きなものって書けない」と照れ笑いを浮かるカツセさん。

とはいえカツセさんによると、露骨にクリープハイプの名は記していないものの、「作中に主人公と彼女がラブホテルに行くシーンがあるんです。その部屋番号は、クリープハイプの『ラブホテル』という曲で、最初に出てくる部屋番号にしていて、そこに僕は“気づいて、尾崎さん!”って思いを込めていたんですよ(笑)」と告白。これに尾崎さんは「それを嗅ぎ取れなかったこっちのミスでしたね。実名を欲しがっちゃいました(苦笑)」と釈明する一幕もありながら、和やかなムードでオンラインイベントがスタートします。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「イベント」に関する記事

「イベント」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「イベント」の記事

次に読みたい「イベント」の記事をもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月3日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。