海水の約1.5倍の破壊力…「黒い津波」の脅威を専門家が解説

海水の約1.5倍の破壊力…「黒い津波」の脅威を専門家が解説
       
手島千尋アナウンサーがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「防災FRONT LINE」。11月14日(土)の放送では、東北大学 災害科学国際研究所 所長の今村文彦さんに「黒い津波の脅威」について伺いました。

海水の約1.5倍の破壊力…「黒い津波」の脅威を専門家が解説の画像はこちら >>

※写真はイメージです



津波防災の日が制定されている11月は“津波”について考えていきます。

津波と聞くと、東日本大震災の被害を思い出す方が多いかと思いますが、この東日本大震災のときに記録され報告された“黒い津波”を知っていますか?

今村さんは、「津波というのは、発生初期の段階ではブルーの綺麗な海水なんです。しかし、沿岸部に近づいて、特に都市化した臨海域に行きますと、なんと(津波の)色が黒くなっていました。この黒い原因は“泥”や“ヘドロ”。海水に泥などの重い物質が含まれますので、波自体がとても密度が高く重くなり、粘性と言ってドロドロした性質になりました。そうすると、先端が壁のようになり波の力が増大してしまいます」と解説します。

「津波のパワーは大きく、水面だけでなく海底から動かす力が強いため、長年沈殿したヘドロを巻き上げて混ざってしまうんです。そうして生じた“黒い津波”は、海水よりも1.3~1.5倍の威力になります。黒い津波であれば、1メートルぐらいであっても家の壁を壊す力があると言われています」

また、“黒い津波”は人体にも影響を及ぼすと今村さんは指摘します。

「“黒い津波”が引いた後に、残された泥や有害物質が乾燥し粉塵となって、まわりに長時間影響するんですね。マスクを着用するなどの対応しないと、この粉塵を吸い込み肺にも入り、炎症などを起こしてしました。これを“津波肺=肺炎”と言い、このような状況を起こさないことが大切です」

当時の記事を読む

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。