MUCC逹瑯「すごい昭和歌謡でいい曲だよね」 LACCO TOWER新曲を語る

MUCC逹瑯「すごい昭和歌謡でいい曲だよね」 LACCO TOWER新曲を語る
拡大する(全1枚)
ロックバンド「MUCC」のヴォーカル・逹瑯がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「JACK IN THE RADIO」。8月19日(月)の放送では、5人組ロックバンド・LACCO TOWERからヴォーカルの松川ケイスケさん、ベースの塩崎啓示さんが登場! 8月21日(水)リリースのニューアルバム『変現自在』のタイトルについて語りました。
(TOKYO FM「JACK IN THE RADIO」2019年8月19日(月)放送より)

MUCC逹瑯「すごい昭和歌謡でいい曲だよね」 LACCO T...の画像はこちら >>

写真左から‎松川ケイスケさん、逹瑯、塩崎啓示さん



★ニューアルバムのタイトルの意味は?

ニューアルバム『変現自在』のタイトルを“幻”から“現”に変えたキッカケは、松川さんのご友人のお話だったそうです。

逹瑯:今回のアルバム『変現自在』の“現”という字が、“幻”ではなく“現”に変わっているのは?

松川:現実の“現”というか。今回のアルバムで、僕が一番好きな曲「炭酸水(サイダー)」に登場する友人の女性が、夜の接客のお仕事をしている方なんですけど、「(そういう職業をしてる)私って、結局こういう場所でしか落ち着けないんだよね」っていう話をしていて。

そこから、僕のなかで“それでいいのかな”って思い始めて。変わっていく今の先に未来があるなら、今を変えていけば未来なんて変わるよね、っていう単純なところで、現実を変えるのも自在にできるんじゃない?っていう意味を込めて。“幻”じゃなくて現在の“現”にしました。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク