「“アニメの女の子”を本気で好きに…」相談者に、江原啓之が届けた言葉は?

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents江原啓之 おと語り」。今回番組では、アニメの女の子を好きすぎて悩む方のメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。
「“アニメの女の子”を本気で好きに…」相談者に、江原啓之が届けた言葉は?


◆一目でいいから、本当に逢いたい…
「アニメが好きでよく観ているのですが、とあるアニメの女の子のことを本気で好きになりました。見た目も性格もまさにドストライク! 携帯には彼女の写真が200枚程あります。しかし、相手は人の手で作られた“生身でない”人間です。年をとることもなく、どんどん差が広がる辛さ。触れることも知り合うこともできず、永遠の片想いです。時折“なんでこの世には、次元というものがあるのだろう。一目でいいから本当に逢いたい”と涙したこともあります。世間から見れば“気持ち悪い”“頭がおかしい”と思われるかもしれません。しかし、その苦しみは、当人しかわからないから、そんな言葉を言えるのだと思います。2次元の方に恋をするのは、物質的価値観からの問題でしょうか。それとも、愛の電池切れからでしょうか。そもそも恋をしてはいけないのでしょうか」

◆江原からの“ことば”
「こういう方は、理想が高いのでしょうね。現実の人間は必ず良いところも悪いところもある。しかし、体型にしても何にしても、アニメは理想のすべて。あなたの味方をするわけではないですが、世間の女の子もひどくなっている。タレントさんでも、ブリブリブリっ子がいいとも思わないけれど、下品をウリにする女の子も多い。私はオジサンだからか、面白いとは思えないんです。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2019年5月27日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。