若新雄純 渋谷のハロウィンに苦言「公共の“共”が欠落している」

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。10月31日(木)の放送は、木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が登場。最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、渋谷のハロウィンについて取り上げました。
若新雄純 渋谷のハロウィンに苦言「公共の“共”が欠落している」

若新雄純



◆「対立構造になってしまっている」
ハロウィンで酒に酔った人たちによるトラブルが渋谷駅周辺で相次いだことを受け、路上での飲酒を禁じる東京都渋谷区の条例が10月25日(金)から実施されました。

昨年は、飲酒した若者が軽トラックを横転させるなど、逮捕者が出る騒ぎとなっただけに、今年は「渋谷区が制限を加える形になった」と若新。渋谷駅周辺のハロウィンと言えば、多くの人で賑わう年に一度の一大イベントでありながら、「お祭りと地元が対立してしまっている。今年は、区や警察の制限が注目されているが、お祭りの“公共性”が未熟だと言わざるを得ない」と指摘します。

昨今の渋谷のハロウィンは、日本各地で街をあげておこなわれる伝統的なお祭りとは異なり、「地域と一体になれていない」と言います。「公共とは……という話をよくするんですけど、今回、条例を実施した渋谷区やそれを運営する警察の存在は公共の“公”なんです。行政の役割は、税金をもらって、皆さんに“公”のサービスをすること。でも、公共は役所や警察だけでは成り立たない。そこに住んでいる人たちが、お互いに協力し合って、助け合ったり、知恵を出し合ったり、サポートしてやっていくのが公共の“共”の部分」と説明します。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2019年11月12日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。