十二支は「動物」ではなく「植物」!? 2020年は子年…ねずみが当てられた理由は?

放送作家・脚本家の小山薫堂とフリーアナウンサーの宇賀なつみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「日本郵便 SUNDAY’S POST」。11月24日(日)放送の「ポスト会議」のコーナーでは、大東文化大学准教授の山口謠司(ようじ)さんをゲストに迎え、お届けしました。

十二支は「動物」ではなく「植物」!? 2020年は子年…ねずみが当てられた理由は?

(左から)小山薫堂、宇賀なつみ、山口謠司さん


「ポスト会議」は、全国に約24,000局ある郵便局と連携しながら新しいムーブメントを作っていく企画コーナーです。

前回の放送で、番組で作った年賀状を希望のリスナーに送ることが決定したばかり。しかし、どんな年賀状にするのか決まっていないため、中国文学と日本文学に詳しい山口さんからヒントをいただくことに。

干支について、山口さんは「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸という十干。それから子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥は12あります。この組み合わせで、60年を数える、年が変わっていく区切りを決めていくのが、干支と呼ばれるもの」と説明します。

2020年は、子年(ねずみどし)でスタートの年。この“子”の漢字には2通りの解釈があるそうで、「“子”は、完了の了に一と書きますよね。これは1つのことが終わって、そして始まるという意味。だから、十二支の始まりに当たるんです」と山口さん。そして、もう1つは「一という字が土を表していて、了のほうが芽を出している形をしていることから、『始めて、芽が出てくる』ということを表しているとも言われています。いずれにしても、始まりということを意味しています」と解説します。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月8日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。