小学校で「プログラミング」文部科学省担当者が明かした真の狙いとは…?

秋元才加とJOYがパーソナリティを務め、生活に身近な情報や政府の取り組みをわかりやすく伝えるTOKYO FMの番組「秋元才加とJOYのWeekly Japan!!」。5月11日(土)の放送では、文部科学省プログラミング教育戦略マネージャーの中川哲さんに、2020年度から小学校で導入される「プログラミング教育」をテーマに話を伺いました。

小学校で「プログラミング」文部科学省担当者が明かした真の狙いとは…?

秋元才加(左)とJOY

「プログラミング」とは、コンピュータが理解できる言語を使い、コンピュータにやってほしいことを命令するプログラムを作ることです。身近なものだと、パソコンやスマホ、テレビゲームやアプリ、さらには冷蔵庫などの家電も、内蔵されたコンピュータがプログラミングされて動いています。

中川さんは、「我々の今の生活は、コンピュータやプログラミングとは切っても切れない関係」と言います。さらに、これからの時代はあらゆることでコンピュータが活用されることが予想されるだけに、「上手に使いこなすためにも、仕組みを理解しておくことが重要になる」とのこと。

新たに導入される子ども向けのプログラミング教育は、技能そのものを学ぶのではなく「プログラミング的思考」を育むことに重点を置いているそうです。プログラミング的思考とは、例えばロボット掃除機の場合、まず「ゴミを吸いなさい」という命令から始まり、「真っ直ぐ進みなさい」「壁に当たったら右に曲がりなさい」といった具合に、単純な命令の組み合わせをコンピュータに順序立てて、論理的に与えていくこと。イギリスやアメリカなど多くの国では、すでにプログラミングの授業がおこなわれているそうで、2020年度からこの教育を実施することになる小学校の先生たちは、現在準備を進めているところだとか。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2019年5月12日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。