誰もが1日だけの本屋さんに…谷根千エリアから全国に広がる「一箱古本市」

吉田美穂がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DUNLOP presents みらい図鑑」。日本の美しい風景、地域で受け継がれる伝統、志を持って活動する人など、100年後の地球に生きる子どもたちへ繋げていきたい“ヒト・モノ・コト”を紹介しています。1月11日(土)の放送では、不忍ブックストリート代表で「一箱古本市」発起人の南陀楼綾繁(なんだろう・あやしげ)さんに、「一箱古本市」についてお話を伺いました。

誰もが1日だけの本屋さんに…谷根千エリアから全国に広がる「一箱古本市」

全国へと広がりを見せる「一箱古本市」



東京の東側、文京区と台東区にまたがる地域、谷中、根津、千駄木。通称“谷根千”には、書店や古本屋などさまざまな本屋が集まっているエリアがあり、「不忍ブックストリート」と呼ばれています。

そんな「不忍ブックストリート」で2005年に生まれたイベント「一箱古本市」が人気を呼び、全国へと広がっています。

誰もが1日だけの本屋さんに…谷根千エリアから全国に広がる「一箱古本市」

イベントは大盛況!



「一箱古本市」は、言ってみれば本のフリーマーケット。その名の通り、ダンボール一箱分の古本を販売する古本市です。

一般の人も出店オーケー。参加者は「店主」と呼ばれ、一箱のなかに本と想いを詰め込んで店名をつけ、ポップや飾り付けをして、出店者の人たちが1日だけの本屋さんになれる。本が大好きな人にとってはたまらないイベントです。

「一度参加して出店する側になった人が、その楽しさを他の人に伝えることで、次第に広がってきたという気がします。それぞれの人の顔が見えるというか、普段どういう本を読んでいて、どういう本が好きなのかもわかります」と実感を語る南陀楼さん。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月18日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。