100%国産小麦使用、絹のようにつややか、のど越し抜群…美味しさが評判の「坂利の手延べそうめん」

100%国産小麦使用、絹のようにつややか、のど越し抜群…美味しさが評判の「坂利の手延べそうめん」
拡大する(全4枚)
吉田美穂がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DUNLOP presents みらい図鑑」。日本の美しい風景、地域で受け継がれる伝統、志を持って活動する人など、100年後の地球に生きる子どもたちへ繋げていきたい“ヒト・モノ・コト”を紹介しています。7月24日(土)の放送では、「坂利製麺所」代表の坂口利勝(さかぐち・としかつ)さんに、「坂利の手延べそうめん」についてお話を伺いました。

100%国産小麦使用、絹のようにつややか、のど越し抜群…美味...の画像はこちら >>

1984年創業の「坂利製麺所」


そうめんの発祥地と言われている奈良県。

そんな奈良の東吉野村にある山深い場所、瀧野の地で、手延べそうめんを作っている製麺所があります。

1984年創業の「坂利製麺所(さかりせいめんじょ)」。

100%国産小麦使用、絹のようにつややか、のど越し抜群…美味しさが評判の「坂利の手延べそうめん」

奈良・東吉野村の風景


そうめんといえば暑い時期の定番食品ですが、ここで作られるそうめんのシーズンは冬。

東吉野は林業が盛んな地域ですが、標高が高いため、雪深くなる季節には山での仕事がなくなってしまいます。

そんな冬の収入源として、ひとりの主婦が「手延べそうめん」を作り始めたのが、「坂利製麺所」のはじまりです。

「地域の人たちがその場所に住み続けるために、収入を得る手段として立ち上げたのが、そうめんの工場だったんです。つまり、まわりのみんなのために作ったそうめん工場なんです」と坂口さん。

冬場の仕事を確保することで、安定した収入を得て、過疎化への歯止めにつなげたい。

坂口さんのお母さんは、保管がきくそうめんなら、冬に作っておいて夏に売ることができると考えました。

この記事の画像

「100%国産小麦使用、絹のようにつややか、のど越し抜群…美味しさが評判の「坂利の手延べそうめん」」の画像1 「100%国産小麦使用、絹のようにつややか、のど越し抜群…美味しさが評判の「坂利の手延べそうめん」」の画像2 「100%国産小麦使用、絹のようにつややか、のど越し抜群…美味しさが評判の「坂利の手延べそうめん」」の画像3 「100%国産小麦使用、絹のようにつややか、のど越し抜群…美味しさが評判の「坂利の手延べそうめん」」の画像4

当時の記事を読む

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク