樹木希林、リリー・フランキーらが捧げる“不登校児”へのメッセージ

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。8月22日(木)の生放送は、不登校専門紙「不登校新聞」編集長の石井志昂(しこう)さんに、同紙を制作するにあたり、印象に残った著名人の言葉を聞きました。

樹木希林、リリー・フランキーらが捧げる“不登校児”へのメッセージ


自身も不登校の経験者だという石井さんによると、新学期が始まる9月初め頃に、自ら命を絶つ子どもの数が飛び抜けて増えると言います。そこで、石井さんが心に残っているという著名人の言葉を、リスナーに届けました。

◆リリー・フランキー「もっと揺らげよ」
リリーさんも大学卒業後に引きこもりを経験。不登校新聞の取材の多くは、石井さんのほかに不登校経験者も同行しますが、ある18歳が「自分に自信が持てない」とリリーさんに吐露しました。

するとリリーさんは、「18歳で自信満々のヤツなんかムカつく。そういうヤツを見ていると『もっと揺らげよ』と思う。もっとブレていいじゃないか。大人はもっと揺らいでいる」と、学校や仕事にも行けず、友達もいないという18歳に諭したそうです。

◆辻村深月「楽しいことがあれば、それを生きる理由に」
辻村さんが、不登校をテーマにした小説「かがみの孤城」(ポプラ社)を出した直後に取材をしたときのことです。

このときも10代の不登校経験者が同席。傷付いた若者たちに向けて辻村さんは、「自分も学校に居場所がなかった。本のなかが居場所だった」と学生時代の体験を伝えたそうです。「それを理由に生きてもいい。現実なんか『オプション』でもいいんだ。あなたたちはもっと楽しいことを知っているはず。それが生きる理由になる」。この言葉に、石井さんは心を動かされたそうです。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2019年8月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。