江原啓之「何にでも“いいよ”と言う親は、良い親ではない」子どもの将来を案ずる相談者に助言

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。今回番組では、就職浪人中の息子が、“子持ち”彼女との同棲を希望している……と悩む方からのメッセージを紹介。江原が“ことば”を届けました。
江原啓之「何にでも“いいよ”と言う親は、良い親ではない」子どもの将来を案ずる相談者に助言


◆反対するつもりはありませんが…
「23歳になる息子のことで質問させていただきます。息子は大学に4年間通ったあと、就職浪人して今、就職活動中です。そんな息子が『彼女と同棲するから家を出る』と言ってきました。バイト先で知り合った彼女は19歳。そして1歳になる子どもがいるそうです。バイトの稼ぎは息子が19万、彼女が6万。息子は『反対されても家を出る』と言っています。

以前、江原さんが『誰にでもつまずく権利がある』とおっしゃっていました。息子は『失敗しても自分で決めたことだから』と言います。確かに、私も失敗しなければわからないと思うので、反対するつもりはありません。ですが、このままでは“ただの金づるにしかならないのでは”と思えて仕方ありません。こちらがいろいろ言っても、聞き入れないことはわかっています。反対するつもりはありませんが、“明らかに間違っているよ”ということを伝えるには、どのように声をかけたら良いのでしょうか?」

◆江原からの“ことば”
「息子さんがそう言っているのならば、そうさせるべき。それで失敗をしても、それも勉強ですからね。メールには『反対するつもりはありませんが』と書いてありますが、反対してください。親の役目です。何にでも“いいよ”と言う親は、良い親ではない。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月8日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。