フィギュア元日本代表の小塚崇彦 ライバルと切磋琢磨した現役生活を振り返る

荒川静香と高橋尚子がパーソナリティを務め、東京海上日動がお送りするTOKYO FMの番組「MY OLYMPIC」。かつての名選手から将来有望なオリンピック代表選手のタマゴまで、さまざまなアスリートの輝きをお届けしています。11月18日(月)~22日(金)の放送では、“オリンピアンSP”と題し、元フィギュアスケート選手の小塚崇彦さんが登場しました。

フィギュア元日本代表の小塚崇彦 ライバルと切磋琢磨した現役生活を振り返る

※写真はイメージです


祖父、そして父もフィギュアスケートのアスリートという環境で育った小塚さん。オリンピックを意識するようになったのは、小学4年生の9歳のとき。「1998年長野オリンピックを現地で観戦したときからですね。父もオリンピックに出場したことがあったので、家に帰ったときに日本代表の人たちがもらえるバッジを見せてもらったのが、一番のきっかけでした」と振り返ります。

そして、1998年長野オリンピックでフィギュアスケートを会場で観戦したことも大きな衝撃を与えたそう。「1994年の世界選手権で佐藤有香さんが優勝したのを観て、フィギュアスケートを競技として“やりたい!”と思った。そこから、“オリンピックに出たい!”という目標ももう1つ加わった」と言います。

現役生活では、オリンピック出場を目標に数多くのライバルと切磋琢磨してきた小塚さん。「1998年長野オリンピックでは本田武史さんと田村岳斗さんが出場していて。目標とする方々が世界で活躍するなか、髙橋大輔さん、織田信成さんなどたくさんの選手と戦わせてもらっていたので、心強くもあり、世界で活躍するトップ選手がライバルにいるという状況で、お互いに高め合いながら、選手生活を送れたと思います」と話します。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。