新型コロナウイルスで拍車!?「テレワーク・リモートワーク事情」ぶっちゃけ、どう?

新型コロナウイルスで拍車!?「テレワーク・リモートワーク事情」ぶっちゃけ、どう?
拡大する(全1枚)
新型コロナウイルスの流行を受け、政府が対策の1つとして企業に推奨している「テレワーク」や「リモートワーク」。感染拡大を防ぐため、実際に多くの大手企業が在宅でのテレワークに切り替えています。通勤せずに働くテレワークにはどのような利点や問題点があるのでしょうか? TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」2月27日(木)の生放送では、パーソナリティをつとめるたかみなと、木曜パートナーで文筆家の古谷経衡さんが「テレワーク・リモートワーク」についてリスナーから寄せられたメッセージに答えてくれました。
新型コロナウイルスで拍車!?「テレワーク・リモートワーク事情...の画像はこちら >>

※写真はイメージです



◆テレワークを導入している会社に勤める人のエピソード

「2月10日(月)の週から週1出社になりました(打ち合わせなど用事がない日は出社しなくてよい)。メリットは、家族との時間を持てるようになったり、家事を手伝えるので奥さんが喜んでいること。デメリットは、人の目がないからついダラっとしてしまうこと。ネトフリ、見ちゃったりとか(笑)。会社にいるときは急に違う仕事を振られたり、という忙しさがありましたが、それが減りました」(40代・男性)

メリットは家庭との両立ができること、デメリットは誘惑が多く仕事に集中できない、といったところでしょうか。お子さんが大きい、自部屋があるなどの環境であれば家での仕事も可能かもしれませんが、なかなかそうもいかない人も多いのでは。古谷さん曰く「テレワークって一番業界的に取り入れてるのって出版業界だと思うんですよね。僕、物書きだから10年前からテレワークしていて。電話で受けて、メールで出して終わりなので。でもこの方が言っている通りダラダラしちゃうのよ。時々編集の方から電話がかかってくると、『もう完成一歩手前ですよ!』と言いながら一文字も書いていなかったりね。最終的には出しますけど(笑)」とのことでした。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク