うすた京介の新キャラ!? “マンBOY”にたかみな大興奮

うすた京介の新キャラ!? “マンBOY”にたかみな大興奮
拡大する(全1枚)
高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。
3月21日(火)の放送では、漫画家のうすた京介先生が出演しました。

うすた京介の新キャラ!? “マンBOY”にたかみな大興奮の画像はこちら >>


うすた先生と言えば、「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」や「ピューと吹く!ジャガー」で知られ、現在も「少年ジャンプ+」で「フードファイタータベル」を連載している人気の漫画家。

たかみなも昔から大ファンで、「『これなに』にもずっとお呼びしたかったんです!」と冒頭から興奮気味。

うすた先生は兄の影響で小さいころから漫画を描いていたそうですが、当時はストーリー漫画家になりたかったそうです。しかしアイディアが続かず、たとえば格闘シーンを描いても面倒だから爆発させて終わり……のような感じだったとか。でも、それを見て喜ぶ兄をきっかけにギャグ漫画家に目覚めたそうです。

そんなうすた先生の作品世界や思考回路を探るべく、身の回りに起こった面白事件について聞いてみたのですが、最初のテーマは“ヘンな動物”。

先生は変な生き物が好きで、普段からいろいろと調べているそうです。たとえば、マンボウ最弱説。なんでもマンボウは体についた寄生虫をとるために水面に体を叩き付けるのですが、そのショックで死んでしまうそうです。
さらには、体を海に浮かせているとカモメが陸と間違って乗ってきて、そのツメでも死んでしまうとか(うすた先生調べ)。先生はそんなフシギな生態などから作品のアイディアが生まれてくるそうです。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク