ももクロ高城「救われたなぁ」落ち込んでいる時期にずっと聴いていた“名曲”とは?

ももクロ高城「救われたなぁ」落ち込んでいる時期にずっと聴いていた“名曲”とは?
拡大する(全3枚)
ももいろクローバーZのメンバーがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!TOP10」。この番組は、ももクロと全国のリスナーが一緒に作る“選曲テーマ別オリジナルTOP10チャートプログラム”です。毎回テーマを設けて、みなさんからのリクエストを集計した“番組オリジナルTOP10チャート”をカウントダウン形式で発表していきます。10月17日(日)の放送では、「キャンプシーズン到来! 焚き火を見ながら自分と向き合える曲TOP10」をお届けしていきました。

ももクロ高城「救われたなぁ」落ち込んでいる時期にずっと聴いて...の画像はこちら >>

(左から)ももいろクローバーZの“れに”こと高城れに、“かなこ”こと百田夏菜子、ハピクロナビゲーターの清野茂樹



◆焚き火を見ながら自分と向き合える曲:第6位「若者のすべて」(フジファブリック)

かなこ:第6位はフジファブリック「若者のすべて」でした。

清野:これはきましたねぇ。

れに:(テーマに)ドンピシャできましたね。

かなこ:この曲は、今回のテーマでなくても(いろんなテーマの)ランキングに入ってきそうではあるんですけどね。

ももクロ高城「救われたなぁ」落ち込んでいる時期にずっと聴いていた“名曲”とは?


れに:そうだね。

かなこ:このテーマでランキングに入ってくるのが、また良いですね。

清野:ですねぇ。そして、同じような思いの方がいっぱいいるようです。リスナーさんからもメッセージが届いています。

<リスナーからのリクエスト・メッセージ>
「キャンプに限らず、季節が夏から秋へと向かう時期に、この曲を野外で聴くと心に染みます。また、来年度の高校の音楽の教科書に掲載されることが決まっており、夏の終わりを代表する楽曲だと思います」

この記事の画像

「ももクロ高城「救われたなぁ」落ち込んでいる時期にずっと聴いていた“名曲”とは?」の画像1 「ももクロ高城「救われたなぁ」落ち込んでいる時期にずっと聴いていた“名曲”とは?」の画像2 「ももクロ高城「救われたなぁ」落ち込んでいる時期にずっと聴いていた“名曲”とは?」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク