「バラガキのトシ」に「火吹きだるま」って? 江戸の偉人のニックネーム

最近の小学校は、「あだ名・ニックネーム禁止」というところも多いそうです。確かに小さな頃、変なあだ名をつけられて嫌な思いをした人も多いかもしれません。ですが、「変なあだ名」は昔からある、ひとつの文化。今回は江戸時代の「あだ名」のお話です。

「バラガキのトシ」に「火吹きだるま」って? 江戸の偉人のニックネーム

「バラガキのトシ」に「火吹きだるま」って? 江戸の偉人のニックネーム



皆さんは変わったあだ名をつけられたことはありますか?
笑って受け入れられるものから、ちょっと失礼なものまで、さまざまあるニックネーム。
江戸時代でも、あだ名は庶民から武士、将軍に至るまでつけられるものでした。

庶民の代表的なあだ名は「兵衛(べえ)」や「衛門(えもん)」がつくもの。
たとえば「スケベ」という言葉の元になっている言葉「助兵衛」は、女性好きの人を「好き兵衛」と呼んでいたことからきていると言われています。
ほかにも、お酒が好きな「呑兵衛(のんべえ)」や、いつもぐずぐずしている「ぐずろ兵衛」なども、最初はあだ名だったようです。

偉人たちも、あだ名や通名を持っていました。
たとえば「バラガキのトシ」と呼ばれた幕末の志士……誰だかわかりますか?
これは、土方歳三のニックネーム。
幼少期、触ると痛いイバラのような乱暴な少年だったということで、このように呼ばれていたそう。
さすが、あだ名からしてなんだかかっこいいですね。

「火吹きだるま」と呼ばれていた人もいます。
長州藩の偉人、大村益次郎です。
このあだ名は高杉晋作がつけたとも言われており、理由は見た目そのまま「おでこがとても広く頭が大きかったから」。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2016年12月19日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。