社会人野球・細山田選手、2度のプロ野球戦力外通告は「ありがたかった」

藤木直人、伊藤友里がパーソナリティをつとめ、アスリートやスポーツに情熱を注ぐ人たちの挑戦、勝利にかける熱いビートに肉迫するTOKYO FMの番組「TOYOTA Athlete Beat」。9月22日(土)の放送では、プロ野球から社会人野球に舞台を移し、トヨタ自動車硬式野球部で活躍する細山田武史選手が登場。今年8月にインドネシアで開催された「第18回アジア競技大会」で銀メダルを獲得したときの気持ち、「2020年東京オリンピック」に向けての思いを伺いました。

左から藤木直人、細山田武史選手、伊藤友里



キャッチャーのポジションをつとめる細山田選手は、現在32歳。強豪・鹿児島城西高校から早稲田大学に進学し、大学3年のときに“ハンカチ王子”こと斎藤佑樹投手(現・北海道日本ハムファイターズ)とバッテリーを組み、早稲田大学の黄金期を築きました。そして2008年にドラフト4位で横浜DeNAベイスターズに入団。2014年から福岡ソフトバンクホークスに所属し、2015年に戦力外通告を受けてチームを去ることに。その後、社会人野球の企業チームであるトヨタ自動車硬式野球部へ加入し、社会人野球の世界で活躍しています。

◆アマチュア野球界発展のために

藤木:「第18回アジア競技大会」での銀メダル獲得おめでとうございます。このチームで得たものとは?

細山田:チームの結束力ですね。昨年のアジア野球選手権のときのメンバーから少し入れ替わりがありましたけど、スタッフ陣は同じだったので。今年の大会に関しても、石井(章夫)監督はチームのコミュニケーションをすごく大事にしていたので、そこはチーム全員で意識していました。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2018年9月29日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら