那須川:(道場に)学校の友達以外の同世代の子がいたので“友達ができた!”っていうことで楽しくなりましたね。

川島:とりあえず友達といることができるから続けていったわけですね。

那須川:そうですね。

那須川天心「僕の“格闘技の基本”をすべて作ってくれた」父親が独学で教えた“トレーニング法”とは?

極真空手をやっていた天心少年



那須川:それで1回試合に出てみたんですけど、そのときはボッコボコにされて負けたんですよ。

川島:え!? 那須川天心がデビュー戦でボコボコだったんですか?

那須川:ボコボコに負けました。そこで父親のスイッチが入ったんですよ。

川島:お父さんのスイッチが入った?

那須川:そうですね、その次の日から家の一部屋を道場にして。

川島:次の日!?

那須川:もうやばかったですね。次の日から、マンツーマンで毎日トレーニングですよ。“え、こんなはずじゃない……”って思っていたんですけど(苦笑)。

川島:火がついちゃったんですね。

◆「トレーニングはスパルタでした」
川島:そのときからトレーナーとしてお父さんの存在が大きくなっていくかと思いますが、かなり厳しい方だとお聞きしました。

那須川:結構厳しかったですね。

川島:どんなトレーニングが始まったんですか?

那須川:僕はグローブを着けて、(父親が)ミット打ちのミットをつけて……だから普通は僕が打つじゃないですか。

川島:もちろん。

那須川:そうじゃなくて、ミットが打ってくるんですよ。

川島:“キャッチャーが投げてくる”みたいな。

那須川:そうです(笑)。しかもミットって硬いんですよ。それが僕の顔や体をめがけて思いきり打ってくるので。

この記事の画像

「那須川天心「僕の“格闘技の基本”をすべて作ってくれた」父親が独学で教えた“トレーニング法”とは?」の画像1 「那須川天心「僕の“格闘技の基本”をすべて作ってくれた」父親が独学で教えた“トレーニング法”とは?」の画像2 「那須川天心「僕の“格闘技の基本”をすべて作ってくれた」父親が独学で教えた“トレーニング法”とは?」の画像3