知っておかないと損!仕事と介護を両立できる「介護休業制度」とは?

秋元才加とJOYがパーソナリティを務め、生活に身近な情報や政府の取り組みをわかりやすく伝えるTOKYO FMの番組「秋元才加とJOYのWeekly Japan!!」。10月5日(土)の放送では、厚生労働省 雇用環境・均等局 職業生活両立課長の尾田進さんに、「知っておきたい、仕事と両立できる介護休業制度」をテーマに話を伺いました。

知っておかないと損!仕事と介護を両立できる「介護休業制度」とは?

秋元才加、JOY



総務省の調査によると、2016年10月~2017年9月までの1年間に、家族の介護や看護が理由で仕事を辞めた人は、およそ10万人。そしてその年齢層は、40代から徐々に増え、50歳~64歳の年代が特に多くなっているのが現状だけに、尾田さんは「これまで積み重ねてきた経験や技能を活かせなくなるのは、本意ではないと思います。また会社側でも、経験豊富な働き手を失うのはとても大きな損失ですから、介護離職は社会が抱える課題」と話します。

そこで、仕事を辞めることなく家族の介護ができるようにと設けられたのが、介護休業制度です。この制度は、家族を介護する場合、介護が必要な家族1人につき通算93日まで休みを取得できるというもの。

尾田さんは、「介護を全て自分でしようとすると仕事との両立は難しいですし、精神的にも肉体的にも負担になります。この制度は自分で介護するだけでなく、介護と仕事を両立するための体制づくりに利用していただけるように設けています」と主旨を説明。

介護と仕事を両立するための体制を整えるには、例えば介護保険の給付を受ける手続きをしたり、介護サービスを選定したり、施設の見学や入所の手続きをするなど、さまざまなことが考え得るだけに、「介護は初めてという方も多いでしょうし、ご家族のお世話をしながらこうした準備をするのは時間がかかります。そんなときに、この制度を利用していただければと」と尾田さん。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2019年10月6日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。