老舗干物屋の試み「旅する丸干し」 “味の記憶”を未来につなげる

吉田美穂がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DUNLOP presents みらい図鑑」。日本の美しい風景、地域で受け継がれる伝統、志を持って活動する人など、100年後の地球に生きる子どもたちへ繋げていきたい“ヒト・モノ・コト”を紹介しています。2月15日(土)の放送では、鹿児島県阿久根市にある「下園薩男商店」の池袋玲子さんに、同店が生み出した商品「旅する丸干し」についてお話を伺いました。

老舗干物屋の試み「旅する丸干し」 “味の記憶”を未来につなげる

4つの味で展開する「旅する丸干し」



かつては50を超える数の干物屋がしのぎを削った港町、鹿児島県阿久根市。

現在でも、阿久根港を中心に10軒以上の干物屋があり、代表する魚の1つがウルメイワシ。“朝獲れ”のウルメイワシを扱う干物専門の漁師もいます。朝獲れのウルメイワシは、お腹のなかにエサが残っていないので苦みが少ないのが特徴。食べやすく、噛めば噛むほど旨味が出てくる魚です。

そんな干物の魅力を、「若い人にも伝えたい」という思いから生まれた商品があります。名前は「旅する丸干し」。

提案したのは、1939年創業の老舗水産物加工販売店「下園薩男商店」。

人口の減少や食文化の流行の変化に伴って、若い世代の食べる機会が減り、需要も少なくなっていった丸干し。魚の美味しさや干物の美味しさを伝えて、間口を広げたいという思いから、この商品が誕生しました。

プレーンタイプに加え、南イタリア風なら、「ドライトマトとガーリック」。プロヴァンス風なら、「オリーブとハーブ」。マドラス風なら、「カレーとミックスビーンズ」。世界の味をイメージしたオイルに漬けられたウルメイワシが、かわいらしく瓶詰めされた商品です。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月22日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。