土器には虫が500匹…!? 縄文時代の発明をひもとく

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し、勝手に企画を提案していくTOKYO FMの番組「空想メディア」。4月 14日(日)のゲストは、縄文時代についての著書も多数あるフリーペーパー「縄文ZINE」の編集長・望月昭秀さん。縄文時代の人々の暮らしについて高須と語り合いました。

土器には虫が500匹…!? 縄文時代の発明をひもとく

望月昭秀さん、高須光聖



◆「わからない」が面白い

高須:縄文時代にものすごく詳しい、「縄文ZINE」という雑誌を作っている人がいると聞いて、ぜひお話を聞きたいと思って。縄文時代を扱うテレビや雑誌、最近ちょっと増えてきてません?

望月:去年、東京国立博物館で「縄文-1万年の美の鼓動」という特別展があって、増えましたよね。僕が「縄文ZINE」を始めたのは2015年なんですが、当時は縄文のことを話す相手がいなくて、寂しくて出したところはありますね。

高須:なぜ、縄文に興味を?

望月:もともと好きではあったんですけど、勉強してきたわけではなく、遺跡や考古館に行ったら楽しくて。 40歳手前くらいのころですね。一番面白いと思ったのは、縄文時代のことって、実はよくわかっていないということ。文字がない時代なので、文献がないんです。

高須:言葉はあったんですか?

望月:言葉はいろいろあったと思います。

高須:でも文字がないから、記録には残っていないと。

望月:そうなんです。あらゆることが確定的には言えない時代。今は検索すれば何でも調べられますけど、それでも縄文時代に関しては全然わからない。「今の世の中で、これだけわからないものはない!」というのが、すごく面白いなぁと。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2019年4月21日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。