引退決意から売れっ子手相芸人へ…島田秀平を変えた 和田アキ子“目からウロコ”の言葉とは?

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し、勝手に企画を提案していくTOKYO FMの番組「空想メディア」。10月13日(日)の放送では、手相芸人の島田秀平さんが登場しました。

引退決意から売れっ子手相芸人へ…島田秀平を変えた 和田アキ子“目からウロコ”の言葉とは?

(左から)島田秀平さん、高須光聖


◆カウンセラーを諦めた理由

高須:芸人になろうと強く思ったのは、なんで? プロでっていうのも、ちょっと怖いじゃん。

島田:本当は僕、カウンセラーになりたかったんですよ。心理学が大好きで。そういう勉強もして、大学も(その方向に行くと)決めてたんですけれど、高2のときに父親がガンになって亡くなっちゃったんですよ。

そのときに、家族に対してカウンセラーが来たんですね。そのカウンセラーさんが、自分のなかでちょっと……。機械的というか、“なんでこんなに冷たいんだろう?”ってショックを受けちゃって。

カウンセラーで人を元気にしたいと思ってたんですけど、並行してやっていたお笑いも“あっ、みんな元気になってるじゃん!”って。だったら、こっちのほうがみんなを元気にできるんじゃないかってことで、お笑いに一気に傾いたっていう。

高須:すごい、いい理由やね。

島田:そんなことはないんですけどね(笑)。

◆“キャラがない”ことで人気が下降?

高須:プロの芸人になって、頑張るわけやんか。「爆笑オンエアバトル」も出て、“グワーッ”と上がってきて、“行くぞー!”ってことはなかったの?

島田:わりとオンバトは初期から出させていただいてたんですよ。そしたら営業とかもすぐに呼んでもらえて、わりと(飯を)食えちゃったりしたんですけど、そこから緩やかな下降が始まっていくんですよね。今思うと、ただただ漫才をやっていただけなので、何のキャラクターもなかった。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月26日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。