無限に食べられる…!“サバ愛好家”の絶品「サバ缶」レシピ

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。5月7日(月)の生放送は、食文化ジャーナリストの池田陽子さんに、サバ缶のおいしい食べ方を教わりました。

無限に食べられる…!“サバ愛好家”の絶品「サバ缶」レシピ


池田さんは「全日本さば連合会」なる団体に所属し、サバ好きが高じて「サバが好き! 旨すぎる国民的青魚のすべて」という著書を出すほど“サバ愛”あふれる人物。“サバジェンヌ”とも呼ばれる池田さんがオススメするサバ缶は、マルハニチロの缶詰「月花」です。「天然塩だけでサバの旨みを引き出している」と、いくら食べても食べ飽きない、それはもはや池田さんにとって「米」のような存在だとか。

そんな「月花」にちょい足しするだけで絶品になるレシピは「ピーマンとゴマ油を足した無限サバ缶」です。缶から出したサバにみじん切りにしたピーマンを乗せ、ゴマ油とラー油、醤油をかけるだけです。試食したたかみなは「これは確かに無限にいける!」と絶賛。

もう1つは「サバ缶オニオンスープ」です。これは、市販のカップオニオンスープにサバ缶の汁ごと加える簡単レシピです。たかみなはひと口食べると「オニオンスープの格が上がる。おしゃれなイタリアンみたい」とコメント。池田さんによると、サバはもちろん、タマネギも美白効果が期待されるとのことです。

「実はサバをそのまま食べるより、サバ缶のほうが栄養価が高い」と池田さん。DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)はもちろん、1尾そのまま食べるときに捨ててしまう骨や皮も、サバ缶には含まれるため、カルシウムが豊富なのも魅力です。また、畜肉と置き換えが効くのもポイントで、「ハンバーグやミートソース……ひき肉でできることはだいたいサバ缶でできるんですよ。しかもヘルシー」とも。最近のサバ缶は特有のにおいが抑えられ、旨みも高いそうです。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2018年5月8日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら