あいみょん、Suchmos…6組のアーティストの貴重なライブセレクション

(2018年4月21日放送)。スケール感あふれるバラードで、松尾レミさんのパワフルに歌い上げるボーカルと、そこに亀本寛貴さんのギターが絡み、彼らの魅力が端的に表れた曲です。

中盤は、アコースティックギター弾き語りの2組のライブ音源をオンエア。まずは、2017年9月9日に放送したシンガーソングライター・あいみょんの「君はロックを聴かない」。低音のみずみずしい声で、誰もが経験したことがあるような恋愛や音楽におけるひたむきな愛情を歌い、自然と引き込まれていきます。2曲目の「愛を伝えたいだとか」も、せつなく寂しげな感情が伝わってくるかのようです。

次は、ハナレグミ(2017年12月16日放送)。「大安」と「Peace Tree」のメドレーで、グルーヴ感たっぷりなアコギプレイとともにノリノリで歌っていき、途中で「Peace Tree」の早口ラップも飛び出します。観客も手拍子や大歓声で応え、曲が終わると彼が「いいねー!」と絶叫。ライブの楽しさが凝縮された名演といえます。

後半は、Suchmosの3年近く前の貴重なライブ音源を2曲オンエア(2016年3月5日の放送)。1曲目の「Miree」はソウルフルなミディアムグルーヴと、ボーカルYONCEさんのハイトーンボイスが心地いい曲です。続く代表曲「STAY TUNE」は、YONCEさんのクールなシャウトから始まり、ファンキーなギターカッティングが先導してバンドサウンドも熱を帯びていき、YONCEさんのファルセットを交えたセクシーボイスも絶好調。当時のバンドの勢いを感じさせるライブです。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2019年1月10日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。