「早く人生が終わればいいのに…」相談者に、江原啓之が喝!

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。今回番組では、ネガティブな自分に悩む方のメッセージを紹介し、江原が“ことば”を届けました。

「早く人生が終わればいいのに…」相談者に、江原啓之が喝!

パーソナリティの江原啓之



◆ネガティブの沼の中…
「私は昔、何度も言われた暴言“冷たい”“人の失敗を喜ぶヤツだ”“自分のことしか考えてない最低な人間”などを思い出してしまいます。言われたときは頭が真っ白で、何も返せず、後に“自分が〇〇だったからこんなことを言わせてしまったんだ”と分析し、反省するなどしています。しかし、ふとしたときに、これらの言葉が一気に過去から押し寄せ、やる気や気力が奪われ“こんな人間が生きていても、周りに迷惑では”“早く人生が終わればいいのに”と、ネガティブになってしまいます。“もう過去のことだ”と気持ちを切り替えようとしても、気づいたらまたネガティブの沼の中。江原さんはテレビやラジオのお仕事をされている分、私よりも酷い暴言を吐かれ、傷ついたことが何度もあると思いますが、どうやって気持ちを切り替えているのでしょうか? 何か具体的な方法があれば、教えて欲しいです」

◆江原からの“ことば”
「気にし過ぎ。簡単に解決する言葉。それは“金持ちケンカせず”。“幸せな人は意地悪をしない”というのと同じ。本人が思う程、相手は思ってはいないし、無責任な発言が多い。ネガティブなことを言う人は、不幸な人。その不幸な人に振り回されても意味がない。“精神的なお金持ちになれ”ということ。自分にないのであれば、気にしない。けれど、こうやって気にするということは、実はあなたの中に“冷たい”“人の失敗を喜ぶ”ところがあるのかもしれない。それであれば反対に、清い言葉や清いものをたくさん見る。お花、映画、音楽。またこの清い番組『おと語り』を聞くことが大事なのだと思います(笑)! みてください。この私のノーテンキさ。これが大事なのです。私は気にしない。そんなの気にしたところで、その人が私にご飯を食べさせてくれるわけでもない。無責任な発言は気にしないのです」

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2018年6月18日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら