あいみょん「満月の夜なら」歌詞の世界はちょっと官能的

シンガーソングライターのあいみょん http://www.aimyong.net/さんが、4月25日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、この日リリースのニューシングル「満月の夜なら」について歌詞の内容を中心に聞きました。

あいみょん「満月の夜なら」歌詞の世界はちょっと官能的


とーやま校長:4月25日に4枚目のシングル『満月の夜なら』をリリースされました。おめでとうございます! もう4枚って感じですか? まだ4枚って感じですか?

あいみょん:“もう4枚”ですね。アルバムも出しているのでトータルでいうと5枚目なんですけど、「シングル4枚も出したんか~」って思いました。

とーやま校長:僕は、あいみょん先生ってアルバム『青春のエキサイトメント』の1曲目に入ってる「憧れてきたんだ」のイメージがめっちゃ強いんですよ。あの曲ってコード一発じゃないですか。

あいみょん:そうです。ずっとワンコードですね。

とーやま校長:ワンコードで1曲押し切るって普通ないので、僕の中ではすごく骨太なイメージなんですよ。かっこいいしめちゃめちゃロックだなって思うし。そんな中でこの「満月の夜なら」を聴かせていただいて……「あれ!? 全然違うあいみょんが、俺の目の前にいるぞ!」ってビックリしたんです。

あいみょん:(笑)。でも、私の元祖は多分こっちやと思います。そもそもはこういう曲が好きというか、今回の歌詞はちょっと官能的ではあるんですけど……。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2018年4月26日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。