「緊急事態宣言」でどうなるの?「都市封鎖」との違いは? ジャーナリストが解説!

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。4月7日(火)放送の「リポビタンD TREND NET」のコーナーでは、ジャーナリストで株式会社メディアコラボの代表・古田大輔さんに、「緊急事態宣言」について話を伺いました。
「緊急事態宣言」でどうなるの?「都市封鎖」との違いは? ジャーナリストが解説!

※写真はイメージです



安倍晋三首相は4月7日(火)、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく初の「緊急事態宣言」を発令しました。同日午後7時に記者会見し、国民に向けて説明する方針です。

対象地域は、新型コロナウイルスの感染が拡大している東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・福岡の7都府県。4月8日(水)から効力を発生します。期間は1ヵ月程度を想定。ひとまず、大型連休が終わる5月6日(水・祝)までと見られています。

鈴村:改めて、「緊急事態宣言」でどうなるのかを整理したいのですが、「ロックダウン」とは違うんですよね?

古田さん:「ロックダウン」は、日本語で“都市封鎖”と訳されますが、みなさんがテレビのニュースなどでご覧になっているイタリアやスペイン、インド、ニューヨークのように、発令されたら移動ができなくなる……、外出したら警察に取り締まられる……といった印象だと思います。そのような「ロックダウン」は、今現在の日本の法律ではできません。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。