海外旅行のお土産に「肉製品」はNG!? 意外と知らない“ルール”専門家が解説

秋元才加とJOYがパーソナリティを務め、生活に身近な情報や政府の取り組みをわかりやすく伝えるTOKYO FMの番組「秋元才加とJOYのWeekly Japan!!」。11月30日(土)の放送では、農林水産省 動物検疫所所長で獣医師の伊藤和夫さんに「持ち込み注意! 海外の肉製品」をテーマに話を伺いました。

海外旅行のお土産に「肉製品」はNG!? 意外と知らない“ルール”専門家が解説

(左から)秋元才加、JOY


海外から肉製品を違法に持ち込んでしまった場合、空港の手荷物引き取り場内にある動物検疫カウンターで注意を受け、放棄されます。ちなみに、2018年の速報値では9万4,000件、重さにするとおよそ110トンもの肉製品が放棄されています。

肉製品には、肉が主原料のもののほか、肉まんや餃子、ハンバーガーやハムサンド、肉入りちまきなど、肉が主原料になっていないものもあり、これらは検査の対象となります。そのため、「肉製品と気づかずにうっかり持ち込んでしまい、動物検疫カウンターで放棄しなければならないことがある」と言います。

故意ではない場合も含め、違法に持ち込んでしまうと「動物検疫カウンターでパスポートの情報を控えさせていただき、どこで買ったのか、どんな目的で買ったのかなど、詳しく聴取します。また、制度をご理解いただいたことを確認するため、書類にサインをいただくなど、さまざまな手続きを求めることになる」と伊藤さん。

そのときに控えたパスポートの情報は全国の動物検疫カウンターで共有されるため、空港を変えて肉製品を持ち込んだとしても何回目なのかがわかります。回数を重ねた場合や悪質な場合は警察へ通報されるほか、家畜伝染病予防法により、3年以下の懲役、または100万円以下の罰金が科せられます。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月1日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。