中西哲生×小澤一郎、FIFA ワールドカップ決勝Tの4試合を総括!

中西哲生がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。7月2日(月)放送の「クロノスPLUS」のコーナーでは、中西とサッカージャーナリストの小澤一郎さんが、2018 FIFA ワールドカップ ロシアについて語り合いました。

中西哲生×小澤一郎、FIFA ワールドカップ決勝Tの4試合を総括!


2018 FIFA ワールドカップ ロシアの決勝トーナメントが6月30日(土)から始まり、既に4試合がおこなわれました。まずは互いに優勝経験を持つ2ヵ国、フランス対アルゼンチンの試合について。4対3という結果からもわかるように、壮絶な点の取り合いとなったこの試合、中西は「両チーム共にゴールにいくまでの過程が素晴らしかった」と絶賛します。
特に話題になったのはフランスのアントワーヌ・グリーズマン選手。異次元の速さと技術の高さに中西は「普通じゃないと思った」と驚きを隠せません。また、ゴールキーパーから逃げるような無回転シュートを放ったアルゼンチンのアンヘル・ディ・マリア選手にも注目。小澤さんは「直近1、2シーズンは思うように存在感を発揮できていなかった」と評しますが、中西は「(今回の)ゴールを機に元気を吹き返したのでは」と言います。

一歩も譲らない両国でしたが、試合を決したのは終盤に2得点を決めたキリアン・エムバペ選手。「世界一の選手」と評されるリオネル・メッシ選手率いるアルゼンチンが敗退したことで、中西は「世代交代を感じさせる試合だった」と振り返ります。

続いておこなわれたのは、ウルグアイとポルトガルの1戦。そのなかで、ウルグアイのフォワード、エディンソン・カバーニ選手とルイス・アルベルト・スアレス選手のプレーは別格だったようです。

あわせて読みたい

TOKYO FM+の記事をもっと見る 2018年7月2日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら