“問題作”「友罪」に雨男? 瑛太&監督の暴露に生田斗真焦り「風評被害が広まる」

“問題作”「友罪」に雨男? 瑛太&監督の暴露に生田斗真焦り「風評被害が広まる」
映画「友罪」完成披露試写会

映画『友罪』の完成披露試写会が24日、都内で行われ、俳優の生田斗真、瑛太、佐藤浩市、夏帆、山本美月、富田靖子、瀬々敬久監督が舞台挨拶に登壇した。
この日、東京は昼過ぎから小雨がぱらつく、あいにくの天気。
生田が最初に「小雨の降る中、お越しくださってありがとうございます」と観客に挨拶すると、続いて瑛太が「撮影時、けっこう雨が降ったり、晴れのシーンを撮りたかったのに曇りになったりして、これはたぶん生田斗真は雨男だなと思っていたら、今日も雨が降ってきました」と話して生田を苦笑いさせた。
すると舞台挨拶の途中、撮影で苦労したことを聞かれた瀬々監督が「さっき瑛太くんが言ってましたけど、天気ですね。それが生田くんのせいだって、きょう気がついてよかった」と再び生田に水を向ける。
天候のせいで撮影を延期したこともあるそうで、「延ばしてもまた次の日も天気が悪くて、助監督に『もう今日撮らないとやばいです』って言われて撮りました」と明かすと、MCから「それはやっぱり生田さんがいるシーン?」と確認され、「いました」と暴露。
生田はMCに向かって「しーっ!」と、この話題を打ち切るように訴え、パソコンのキーボードを叩く記者にも「皆さんもカチャカチャやらないでください。風評被害が広まるから、お願いします」と懇願していた。

ミステリー界の旗手・薬丸岳の同名小説を、『64-ロクヨンー前編/後編』の瀬々敬久監督が生田斗真と瑛太をW主演に据えて実写化する本作は、「心を許した友が、かつての凶悪事件の犯人だったら……」というテーマを軸に、かつて世間を震撼させた事件を起こした少年Aのその後と、周囲の人々の葛藤を描くヒューマンサスペンス。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 瑛太 ドラマ
  2. 瑛太 弟
  3. 瑛太 映画
TOKYO POP LINEの記事をもっと見る 2018年4月24日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「瑛太 + 映画」のおすすめ記事

「瑛太 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「瑛太 + 木村カエラ」のおすすめ記事

「瑛太 + 木村カエラ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュース

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。