前田敦子、黒沢清監督最新作に主演 ウズベキスタンでオールロケ敢行

前田敦子、黒沢清監督最新作に主演 ウズベキスタンでオールロケ敢行
前田敦子

女優の前田敦子が黒沢清監督の最新作『旅のおわり、世界のはじまり』で主演を務めることが明らかとなった。
本作は海外でも高い評価を受ける黒沢清監督が手がける、日本とウズベキスタンの国交樹立25周年、ナボイ劇場完成70周年記念の国際共同製作作品。『世界の果てまで(仮)』という仮題で発表されていたが、このほど正式タイトルが『旅のおわり、世界のはじまり』に決定した。

黒沢監督のオリジナル脚本で、バラエティ番組のクルーと共に取材のためにウズベキスタンを訪れた女性レポーター・葉子が、現地のコーディネーターや異文化の人々との交流によって新しい世界を開き、成長していく姿を描く。
ウズベキスタンでの撮影は今年4月30日からスタートし、5月29日にクランクアップ。
駐日ウズベキスタン大使館、ウズベキスタン政府国家観光発展委員会、国営映画会社ウズベクキノなどの全面協力により、ウズベキスタンでのオールロケーションで撮影を行った。

主人公の葉子役に前田敦子を起用したことについて、黒沢監督は「この作品は撮影がウズベキスタンということで、最初からなんとしても前田敦子さんに出演していただきたいと思っていました」と語る。
前田敦子が映画の主演を務めるのは、当初ミュージックビデオとして制作された、黒沢清監督の『Seventh Code』(2014)以来。
黒沢監督は、秋元康氏が当時「前田敦子を東アジアでもなく欧米でもなく、その間あたりの日本から近いようで遠い文化に置くと、彼女の個性がとりわけ際立つのではないでしょうか」と話していたことを振り返り、「実際この撮影時、ウラジオストクでの前田さんの存在感は強烈でした。そういう経緯から今作は前田さん以外あり得ませんでした」と説明。
また、黒沢監督が監督を務め、前田敦子が出演する予定だった日中合作映画『一九〇五』が、2013年に製作中止になった経緯もあって、「私にとっては『一九〇五』からの念願でもありました」と語った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 前田敦子 Instagram
  2. 前田敦子 スタイル
  3. 前田敦子 料理
前田敦子のプロフィールを見る
TOKYO POP LINEの記事をもっと見る 2018年7月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「前田敦子 + 料理」のおすすめ記事

「前田敦子 + 料理」のおすすめ記事をもっと見る

「前田敦子 + 映画」のおすすめ記事

「前田敦子 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「島崎遥香」のニュース

次に読みたい関連記事「島崎遥香」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら