永野芽郁、エランドール新人賞受賞 朝ドラ共演の佐藤健が熱演に感謝 <2019年 第43回エランドール賞>

永野芽郁、エランドール新人賞受賞 朝ドラ共演の佐藤健が熱演に感謝 <2019年 第43回エランドール賞>
エランドール新人賞を受賞した永野芽郁

「2019年 第43回エランドール賞」(選考対象期間:2017年12月1日~2018年11月30日)の新人賞を受賞した女優の永野芽郁が7日、都内のホテルで行われた授賞式に出席した。
壇上でトロフィーを受け取った永野は、「小学校3年生の時に芸能界に入って、毎回毎回作品に入ると不安な気持ちにもなるし、もちろん楽しい気持ちもあるんですけど、自信がなくなる瞬間もたくさんあって、それをいつも温かい作品とスタッフさん方が私のマイナスの気持ちを引き上げてハッピーな気持ちにしてくれたので、どの作品も私の中で今も輝き続けています」と、これまでの歩みを回顧。
昨年は2018年度上半期放送のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインを演じた。「昨年、『半分、青い。』という大きな作品をやらせていただいて、今こうやってここに立ってご挨拶できていることを誇りに、賞をいただいたことを誇りに、これから少しずつ、皆さんの前でお話できる機会を作れるように頑張っていきたいと思います」と力を込めた。

ここで、『半分、青い。』で共演した佐藤健がお祝いのゲストとして登場。
永野に花束を手渡した佐藤は「現場では永野さんに驚かされてばかりの日々でした」と切り出すと、「朝ドラの現場はとにかく1日に撮る量が多い。だから膨大な量のセリフを覚えなきゃいけないのはもちろんなんですけど、鈴愛はよく泣く子だったので、とにかく泣きのシーンが多い。1日に何回も泣きのシーンがあって、そんな日々が毎日続くというスケジュールの中で、彼女は必ず1テイク目で最高の演技を見せてくれる」と、永野の熱演ぶりを伝える。
「何食わぬ顔であまりにも簡単そうに毎回一発OKを出すものですから、次第に我々は『本当にすごいね』とか言いながら、『彼女は泣ける子だから大丈夫』と、それを当たり前のようにしてしまっていたんですけど、永野さんは弱音を吐かないだけで、苦しい顔を僕たちに見せないだけで、裏ではそのシーン1つ1つにどれだけ準備をして、気持ちを高めて現場に向かい、心を削って演技をしていたのか、一番近くで見ていた同業者の一人として、少しは理解しているつもりです」と続け、「だからこの場では、お祝いの言葉とは少し違ってしまうんですけども、スタッフ、キャストを代表して改めて感謝の言葉を伝えさせていただきたいと思います。『半分、青い。』はあなたの存在なくしてはありえませんでした。18歳の10ヶ月間という大変貴重な時間をこの作品に捧げてくれて、本当にありがとうございました」と、永野への賞賛と感謝を言葉にした。


あわせて読みたい

永野芽郁のプロフィールを見る
TOKYO POP LINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「永野芽郁 + 視聴率」のおすすめ記事

「永野芽郁 + 視聴率」のおすすめ記事をもっと見る

「永野芽郁 + 水着姿」のおすすめ記事

「永野芽郁 + 水着姿」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「坂口健太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「坂口健太郎」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月7日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 永野芽郁 Instagram
  2. 永野芽郁 ドラマ
  3. 永野芽郁 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。