乃木坂46・4期生「経験させていただけるのはうれしい」 伝統を胸に初舞台「3人のプリンシパル」開幕

乃木坂46・4期生「経験させていただけるのはうれしい」 伝統を胸に初舞台「3人のプリンシパル」開幕
初舞台に臨んだ乃木坂46の4期生

乃木坂46の4期生初公演「3人のプリンシパル」が9日(火)、池袋サンシャイン劇場にて開幕。本公演前に4期生11人が囲み取材に臨んだ。
本作品は1幕がオーディションとなり、観客の投票によって2幕の出演者が決まる、キャスティング参加型の舞台。乃木坂46結成翌年の2012年に「16人のプリンシパル」として初めて開催されて以降、過去4度にわたって行われてきた。
早川聖来は「1期生さん、2期生さん、3期生さんとすべての先輩たちが挑んできた舞台なので、それを経験させていただけるのは本当にうれしいことだし、“自分は乃木坂なんだ”っていう実感も味わえる、いい経験になるんじゃないかなと思う」と先輩メンバーが通ってきた道をなぞることに感慨。
また早川は、2年前に同舞台公演を行った3期生数名から「当時はすごい苦しくて辛くて悩んでしまったけど、今考えたら成長できるいいきっかけだった」と聞かされたことを明かし、「自分もそうなれるように、負けないように頑張りたい」と意気込む。掛橋沙耶香も「久保(史緒里)さんが『みんなとやりたい役が被っちゃっても、自分がやりたい役をやればいいんだよ』とアドバイスをくださいました」と、先輩から助言をもらったことを明かした。

田村真佑、筒井あやめ(左から)
同日夜の初日公演に向けて、遠藤さくらは「恥を捨てて思い切り楽しんで頑張りたい」、北川悠理は「今回の舞台で自分の殻を破って強くなりたい。新しい自分に出会いたい」と意気込み。
4期生最年長の田村真佑は「すごく緊張もしているんですけど、自分の全てをさらけ出して、自分の限界を超えられるように頑張りたいと思います」と力を込め、矢久保美緒は「なんでも楽しんでやることを目標に生きているので、今回の舞台も楽しんでできたらなと思っています」と笑顔。
最年少の筒井あやめは、稽古を通して「自分に少し自信を持つことができた」といい、「本番も私らしく頑張ります」と意気込んだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

TOKYO POP LINEの記事をもっと見る 2019年4月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュース

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュース

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。