小栗旬×星野源、昭和最大の未解決事件を描く「罪の声」で映画初共演

小栗旬×星野源、昭和最大の未解決事件を描く「罪の声」で映画初共演
©2020「罪の声」製作委員会

俳優の小栗旬と星野源が、塩田武士の同名小説を映画化する『罪の声』で映画初共演を果たすことがわかった。
原作は昭和最大の未解決事件をモチーフとしたフィクション。作者の綿密な取材と着想が織り混ぜられ、事件の真相と犯人像が“本当にそうだったのではないか”と思わせるリアリティに溢れた物語が話題を呼び、現在18万部を超えるベストセラー小説。

小栗旬が演じるのは、30年以上前に起き、すでに時効となっている昭和最大の未解決事件の真相を追う新聞記者・阿久津英士。残された証拠を元に取材を重ねる中で、なぜ犯人グループは脅迫テープに男児の声を吹き込んだのかに着目する。
星野源が演じるのは、京都でテーラーを営む曽根俊也。平凡な毎日を過ごしていたが、父の遺品の中から見つけたカセットテープに録音されていた幼いころの自分の声を聞き、それが30年以上前に複数の企業を脅迫して、日本中を震撼させた昭和最大の未解決事件で犯行グループが使用した脅迫テープと全く同じ声であることに気づく。
やがて運命に導かれるように2人は出会い、ある大きな決断へと向かう。

「原作を読み終えたあと、開けてはいけないと言われている扉をあけてしまったような興奮と不安を持ったことを覚えています」と話す小栗。「この作品を映画化するのか、これは覚悟のいることだなと思いましたが、制作チームにお会いし、皆さんの揺るぎない覚悟を伺って、その覚悟の一員にさせてもらうことを決意しました」と出演を決めたときの心境を述べ、「阿久津という人間を通して、数々の声と向き合い、寄り添い、反発しながら、真実の声を聞き逃さないように真相にたどり着けたらと思います」と意気込みを語る。
一方、星野も「悲劇でありながらも、人間がこの社会で生きる上でとても大切なメッセージが込められたこの作品の中で、曽根俊也の悲しみと共に生き、演じていきたいと思います」と力強く語っている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 小栗旬 ドラマ
  2. 小栗旬 山田優
  3. 小栗旬 映画
TOKYO POP LINEの記事をもっと見る 2019年4月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「小栗旬 + 山田優」のおすすめ記事

「小栗旬 + 山田優」のおすすめ記事をもっと見る

「小栗旬 + 映画」のおすすめ記事

「小栗旬 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「窪田正孝」のニュース

次に読みたい関連記事「窪田正孝」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。