乃木坂46・伊藤かりんが最後のアンダーライブ「自分のアイドル人生を誇りに思っています」

乃木坂46・伊藤かりんが最後のアンダーライブ「自分のアイドル人生を誇りに思っています」
「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念-アンダーライブ-」

乃木坂46の23rdシングルアンダーメンバーによる「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念-アンダーライブ-」が24日(金)、横浜アリーナにて開催された。
本公演は23rdシングルのアンダーメンバーに加え、グループからの卒業を発表しており今作には参加していないもののこれまでのアンダーライブに大きく貢献してきた伊藤かりんと斉藤優里も出演。チケットは即日ソールドアウトとなり、アンダーライブ単独公演の会場規模としては過去最大の1万5,000人を動員した。

アンダーメンバー10人がステージに登場し、1曲目に繰り出されたのは5月29日にリリースする23枚目のシングル「Sing Out!」に収録される最新アンダー楽曲「滑走路」。今作のアンダーセンターを務める寺田蘭世が「横アリいくぞー!!」と煽り、会場のボルテージを一気に引き上げると、「その女」「ブランコ」「シークレットグラフィティー」「春のメロディー」と続けて披露した。

最初のMCでは、中田花奈が「乃木坂で単独ライブをここ横浜アリーナでやるのは2周年のバースデーライブ以来」と話せば、2期生の寺田蘭世も「当時研究生だった」と懐かしむ。すると3期生の向井葉月がその「2nd YEAR BIRTHDAY LIVE」に見に来ていたことを明かし、「その時大好きだった乃木坂になれて、今、乃木坂として横浜アリーナでライブをしているので、みんなから憧れられるような素敵なライブにしたいと思います」と意気込み。中田は「夢があるね。今日来てくださっている方の中からこれから乃木坂になる方がいるかもしれないからね」としみじみと語った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

TOKYO POP LINEの記事をもっと見る 2019年5月25日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュース

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュース

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。