横浜アリーナで輝き放った“4番目の光” 乃木坂46・4期生がフレッシュさ溢れる初ワンマンライブ

横浜アリーナで輝き放った“4番目の光” 乃木坂46・4期生がフレッシュさ溢れる初ワンマンライブ
乃木坂46

乃木坂46の4期生による「乃木坂46 23rdシングル『Sing Out!』発売記念-4期生ライブ-」が25日(土)、横浜アリーナにて開催された。
4期生のみでのライブは、昨年12月に日本武道館で開催された「4期生お見立て会」や、4月に池袋サンシャイン劇場で上演された「3人のプリンシパル」の第3幕でミニライブが行われたが、ワンマンライブはこれが初めて。

1万5,000人の大歓声を受けてステージに登場した4期生11人は、5月29日に発売する23枚目のシングル「Sing Out!」に収録された、自分たちの心情を映し出したような歌詞の4期生楽曲「4番目の光」を1曲目に繰り出すと、「ロマンスのスタート」「ハウス!」「そんなバカな… 」といったライブ定番曲を立て続けに披露。フレッシュさ溢れるパフォーマンスで魅了したかと思うと、続く「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」の間奏でメンバー1人ずつのソロダンスを披露。「世界で一番孤独なLover」ではクールなパフォーマンスで短期間での成長を見せつけた。

最初のMCでは全員で「乃木坂46・4期生です」と挨拶した後、メンバーが自己紹介とともにライブへの意気込みを述べた。
矢久保美緒は「プリンシパルとかリハとかいろいろあって大変だったんですけど、なんとか乗り越えてきた4期生の絆を、皆さんに今日見ていただけたらと思っています」と宣言。
柴田柚菜は「始まる前はすごい不安で泣きそうだったんですけど、皆さん温かくてすごい楽しい気持ちになったので、今日最後まで皆さんと一緒に楽しめるように頑張ります」と意気込み。
「4番目の光」でセンターを務めている遠藤さくらは「本番前すごい緊張してて、心臓飛び出るかと思ったんですけど、今日は絶対に楽しいライブにしたいので、一緒に盛り上がりましょう!」とファンに呼びかけた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

TOKYO POP LINEの記事をもっと見る 2019年5月26日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュース

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュース

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。