登坂広臣、初の海外単独公演に現地ファン6000人が熱狂

登坂広臣、初の海外単独公演に現地ファン6000人が熱狂
「HIROOMI TOSAKA 台北演唱會 2019 SUPERMOON ~UNDER THE MOONLIGHT~」

三代目J SOUL BROTHERSのボーカル・登坂広臣が現地時間20日・21日の2日間、台湾・台北南港展示館で自身初となる海外単独公演「HIROOMI TOSAKA 台北演唱會 2019 SUPERMOON ~UNDER THE MOONLIGHT~」を開催した。所属するLDHのソロアーティストとしても初めての海外単独公演となり、2日間で現地ファンら6000人を魅了した。
台湾は登坂にとって、念願のステージ。2016年9月、EXILE TAKHIROとともに映画「HiGH&LOW THE RED RAIN」の舞台挨拶で訪台。レッドカーペットでは1000人以上のファンから熱烈な歓迎を受け、「いつかライブで必ず戻ってきたい」と誓った思い出の地。
3年越しでの開催となるライブを待ちわびて、ライブ前日の松山空港には登坂を一目見ようと400人のファンが出迎えた。台湾のファンとの約束を有言実行した登坂は「毎回温かく迎え入れてくれる。こうしてライブが実現できて、改めて頑張ってきて良かったです」と感慨深げに話した。

ライブではこの日のために、特別な演出を用意した。最新曲「NAKED LOVE」や、自身が主演を務めた映画の主題歌でもある中島美嘉の「雪の華」の初カバーをはじめ、日本でのソロツアーでは披露することのなかったグループの代表曲「R.Y.U.S.E.I.」や「O.R.I.O.N.」をメドレーで披露するなど6曲の初披露曲を織り交ぜ、MCの挨拶では流暢な中国語も披露した。また、ゲスト出演した盟友・ELLYことCrazyBoyと披露した最新コラボ曲「LION KING」では、LDHが展開するダンス&ボーカルスクール・EXPG STUDIO台北校の生徒らもバックダンサーに加わり、1時間30分で全18曲を熱唱。日本のファンも羨む演出に現地ファンは酔いしれ、愛称の「OMI」コールで会場は包まれた。ステージのラストには「必ずまた新しいエンターテインメントを台湾の皆さんに持ってくることを約束しますので、待っていてください」と会場を沸かせ、再会を誓った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 登坂広臣 Instagram
  2. 登坂広臣 ソロ
  3. 登坂広臣 ライブ
TOKYO POP LINEの記事をもっと見る 2019年7月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「登坂広臣 + Instagram」のおすすめ記事

「登坂広臣 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「登坂広臣 + 熱愛」のおすすめ記事

「登坂広臣 + 熱愛」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「山下健二郎」のニュース

次に読みたい関連記事「山下健二郎」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。