欅坂46初の東京ドーム公演開催 平手センターの「不協和音」と“幻の楽曲”初披露にファン大熱狂

欅坂46初の東京ドーム公演開催 平手センターの「不協和音」と“幻の楽曲”初披露にファン大熱狂
欅坂46 「夏の全国アリーナツアー2019 追加公演 in 東京ドーム」

欅坂46が8月の仙台公演を皮切りに開催してきた「夏の全国アリーナツアー2019」の追加公演として、9月18日(水)・19日(木)の2日間にわたり、初の東京ドーム公演を行った。
仙台、横浜、大阪、福岡をまわった「欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019」の全公演完売を受け開催が決定した追加公演。欅坂46は2016年4月のデビューから3年5ヵ月という短期間での東京ドーム公演実現となった。

メインステージに1人姿を現した平手友梨奈がしなやかに舞い踊りながら、グランドピアノの鍵盤を叩くと、緑一色のペンライトの光に包まれた会場に「Overture」が鳴り響いた。
赤と黒の衣装に身を包んだメンバーが登場し、1曲目に繰り出されたのは「ガラスを割れ!」。会場の大型スクリーンに映し出された、髪を無造作に掻き上げる平手の鋭い眼光にどよめきが起こる。力強くキレのあるダンスパフォーマンスを挟みながら「語るなら未来を…」「Student Dance」とクールなサウンドの楽曲で東京ドームを欅坂46の世界観で満たしていく。グランドピアノの上で舞い踊る平手のソロダンスの後、「エキセントリック」へと
続いた。

最初のMCではキャプテン菅井友香が、満員の東京ドームに「欅坂46のライブをこれだけ見たいと思ってくださる方がいらっしゃるんだなと実感して、本当に皆様のおかげですし、何て言ったらいいかわからないくらい感謝の気持ちで一杯です」と感無量で語る。佐藤詩織は「1期生21人のお見立て会から始まって、その時はこんなに大きい場所でライブができるなんて思ってなかったので、すごく感慨深くなった。2期生も入ってくれて欅坂46がどんどん大きくなって、こうやって大きなライブをするにあたって今日足を運んでくださったたくさんの方がいるおかげで会場がきれいな色に染まって、セットを作ったり、スタッフさんチームのおかげでこういう場所でライブができて、すごく恵まれているなって改めて感じました」と目に涙を浮かべながら語った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 欅坂46 メンバー
  2. 欅坂46 ライブ
  3. 欅坂46 平手友梨奈
TOKYO POP LINEの記事をもっと見る 2019年9月20日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「欅坂46 + ライブ」のおすすめ記事

「欅坂46 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

「欅坂46 + メンバー」のおすすめ記事

「欅坂46 + メンバー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュース

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら