乃木坂46・4期生が初出演ドラマをプレゼン メイキング番組の配信も決定

乃木坂46・4期生が初出演ドラマをプレゼン メイキング番組の配信も決定
乃木坂46 4期生 初主演ドラマ配信記念番組「おつかれちゃん。」

乃木坂46の4期生11人が17日(火)、映像配サービス・dTVで生配信された特別番組『乃木坂46 4期生 初主演ドラマ配信記念番組「おつかれちゃん。」』に出演した。
この特別番組は、同日予定されていた4期生出演のdTVオリジナルドラマ『サムのこと』『猿に会う』の完成披露試写会が中止となったため、緊急開催されたもの。
撮影を終えたばかりの両作品に出演した4期生11人が、「撮影のお疲れ様会」というテーマで、『サムのこと』チームと『猿に会う』チームに分かれ、ドラマが見たくなるプレゼン合戦や撮影時のエピソードや裏話などを披露した。

番組は、本番前にスタジオへ移動するメンバーの様子から生配信を開始。
「緊張する~」と言いながらも和気あいあいと笑顔でスタンバイした後、今回MCに初挑戦する田村真佑のキュートなタイトルコールで本番がスタート。本番が始まるや否や、番組進行をサポートする天の声からもう一人、同じくMC初挑戦となる清宮レイが紹介されると「頑張ります!」と、少し照れながらガッツポーズを見せた。

MCも進行も4期生のメンバーだけで始まった番組1つ目のコーナーは、作品ごとの2チームに分かれ、場面カットやオフショットの写真を使ったデコレーションで、相手チームへ卒業アルバムに見立てた“撮影思い出アルバム”を作成する企画。
先行で『サムのこと』チームが撮影中のエピソードを披露している間、『猿に会う』チームは、アルバム作成に取り掛かった。
撮影時の忘れられないエピソードとして、早川聖来が遠藤さくらとのシーンでは「演技だから、さくらに顔を近づけても恥ずかしがらずにいてくれたので、可愛い顔を近くで拝めて幸せだった」と明かした。
また、筒井あやめは「アクティブな自分の性格と真逆の役だったので、暗い部屋に籠りきりで病んでしまいそうになった」と話した。


あわせて読みたい

TOKYO POP LINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「乃木坂46 + ライブ」のおすすめ記事

「乃木坂46 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

「乃木坂46 + メンバー」のおすすめ記事

「乃木坂46 + メンバー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュース

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月17日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 乃木坂46 メンバー
  2. 乃木坂46 ライブ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。