土屋太鳳のアドリブ対応を間宮祥太朗が賞賛「動物的な反射神経」

土屋太鳳のアドリブ対応を間宮祥太朗が賞賛「動物的な反射神経」
「トリガール!」完成披露イベント

土屋太鳳が主演する映画『トリガール!』の完成披露イベントが17日、都内で行われ、土屋太鳳をはじめ、共演の間宮祥太朗高杉真宙池田エライザ矢本悠馬、メガホンをとった英勉監督が登壇した。
中村航の同名小説を原作とする本作は、琵琶湖で行われる年に一度のコンテストに向け、情熱を注ぐ若者たちの姿を描く青春物語。
これまでの明るく元気なイメージに加え、変顔・毒舌・絶叫といった新境地に挑んだ主人公・ゆきな役の土屋太鳳は、「今までと違ったっていう感覚は実はあまりなくて、パワーの出力の方法が違った。ゆきなちゃんが弾けている時ほど、ゆきなの裏側を意識して演じたいなという気持ちがあったので、ラストシーンは声を枯らすまで全力でぶつからせていただきました」と撮影を振り返った。

イベントでは、人力飛行サークル「TBT」の設計責任者・古沢のしゃくれ顎が、演じた矢本悠馬のアドリブだったことが明かされ、その他にも随所にキャスト陣のアドリブが詰まった作品であることが明らかに。
英監督は「基本的にみんな言うことを聞いてくれない。思ったことをその場でポンッとやってくれるので、楽しく過ごしてました。後で台本見たら全然違うんですけどね」と暴露。それでも最高の出来上がりになっていることから、「すごいなと思いますね」と若手俳優陣のアドリブ力に感心していた。

なかでも間宮祥太朗が「台本通りにいかない男」だと告発されると、当の本人は「基本的には台本通りにやる男です」と釘を刺し、「坂場がガンガン言って、ゆきなが一生懸命食らいついていくという2人の関係性を表現していく上で、監督と『間宮くんが太鳳ちゃんを困らせて、それに必死に食らいついていく姿がそういう関係性になるんじゃないか』という話をしたので、台本のセリフをほとんど喋らないという結果になった」と弁解。
一方で、「1回1回、アドリブに対する太鳳の返しがすごくスピード感があって、若干動物的な反射神経でくるので、僕もすごい楽しくなった。一生やり続けられると思いました」と土屋とのアドリブの応酬に手応えを感じた様子だった。


あわせて読みたい

土屋太鳳のプロフィールを見る
TOKYO POP LINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「土屋太鳳 + 熱愛」のおすすめ記事

「土屋太鳳 + 熱愛」のおすすめ記事をもっと見る

「土屋太鳳 + 水着姿」のおすすめ記事

「土屋太鳳 + 水着姿」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「広瀬すず」のニュース

次に読みたい関連記事「広瀬すず」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月17日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 土屋太鳳 CM
  2. 土屋太鳳 Instagram
  3. 土屋太鳳 ダンス

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。