【大相撲夏場所】白鵬 らしさ全開で白星発進

【大相撲夏場所】白鵬 らしさ全開で白星発進
立合いで玉鷲(左)に張り手を見舞う白鵬

 仕切り直しだ。大相撲夏場所初日(13日、東京・両国国技館)、2場所連続休場から復活を目指す横綱白鵬(33=宮城野)が幕内玉鷲(33=片男波)を押し出して白星発進した。春巡業中の4月に父のジジド・ムンフバトさんが76歳で死去した。心の支えを失ったことでモチベーションの低下も心配されたが、周囲の不安を払拭する快勝。かねて目標にしている2020年の東京五輪までの現役続行へ向けて再スタートを切った。

 白鵬がV41へ向けて白星スタートを切った。横綱審議委員会から問題視された立ち合いの張り手を“解禁”して玉鷲の出足をそぐと、互いに見合った場面では「来い!」と言わんばかりに両手を広げて相手を挑発。最後は自ら前へ出て一気に押し出した。勝ち名乗りを受けると、懸賞を振り回すようなしぐさで誇示。大横綱の復帰土俵は良くも悪くも“らしさ全開”だった。

 春巡業中の4月9日、母国モンゴルの英雄で誰よりも尊敬していた父のムンフバトさんが76歳で死去。白鵬は葬儀に参列するために緊急帰国した。ムンフバトさんはレスリングの選手として1964年の東京五輪に出場したことから、白鵬は2020年東京五輪の開会式で横綱土俵入りを見せる夢を抱いていた。その心の支えを失ったショックは大きかった。

 師匠の宮城野親方(60=元幕内竹葉山)は「気力に影響しなければいいが」と危惧。白鵬自身も再来日してから「一つの目標を失った」と喪失感を口にし、巡業復帰後に疲労と心労でダウンした。しかし、いつまでも落ち込んでいては家族や天国の父を心配させるだけだ。今場所の千秋楽(27日)が父の四十九日にあたる運命的な巡り合わせもある。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 白鵬 twitter
  2. 白鵬 モンゴル
  3. 白鵬 女子
東スポWebの記事をもっと見る 2018年5月14日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「白鵬 + 引退」のおすすめ記事

「白鵬 + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

「白鵬 + 女子」のおすすめ記事

「白鵬 + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「貴乃花」のニュース

次に読みたい関連記事「貴乃花」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら