悪質反則タックル 日大とアメフット内田監督の“闇” 公式説明しない裏にある理由とは

悪質反則タックル 日大とアメフット内田監督の“闇” 公式説明しない裏にある理由とは
問題の悪質タックルの場面(関西学院大学アメリカンフットボール部提供)。一部加工

 アメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦(6日)で、日大の守備選手が悪質なタックルで相手選手にケガを負わせた問題で17日、関学大が2度目の会見を開いた。鳥内秀晃監督(59)は日大・内田正人監督(62)が意図的な乱暴行為を選手に指示したことを否定する日大の回答に疑念と不満を表明した。日大側は内田監督らが関学大に出向き謝罪する方針を明らかにしたが、真相究明に不可欠な説明責任を果たしていない内田監督への風当たりは強まるばかり。この裏側では日大側の“事情”も取りざたされている。

 関学大が日大に求めた悪質タックルについてのチーム見解は「指導者による指導と選手の受け取り方に乖離が起きていたことが問題の本質と認識している」とし、監督の言葉を過度に受け取った選手に責任があると言わんばかりのものだった。

 指導者としてあるまじき対応に、鳥内監督は怒りを隠せない。「(内田監督は)自分の厳しさが選手と乖離していると思うのであれば、あのプレーの時にベンチで言わなかったのか。次の日なりに責任者が、選手、保護者に直接謝罪するべき。同じ指導者として到底受け入れられないし、真相究明を求める。日大でも地位のある役職におられるので、記者会見を開いてはっきり説明してもらいたい」と厳しく糾弾。「あの監督の下で、コーチの皆さんは意見が言えない可能性がある。それで学生たちを守れるのか」と内田監督の“独裁”に苦言を呈した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年5月18日のスポーツ総合記事
「悪質反則タックル 日大とアメフット内田監督の“闇” 公式説明しない裏にある理由とは」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    日大は海自にも多いそうだが、国民に対する海自によるFCS武力行使と似ている

    1
  • 匿名さん 通報

    海自ゆうぎり護衛艦もFCS攻撃が常態化してるらしい

    1
  • 匿名さん 通報

    海自では国民への武力行使が査察、訓練に置き換わるらしい

    1
  • 匿名さん 通報

    不動産、金銭目的で海自は国民にFCS武力行使しているが、防衛省によるレーダーやレーザー規制が無い日本では法案すら整備されていない

    1
  • 匿名さん 通報

    LRADすら常態化してるそうだ

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュース

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「陸上競技」のニュース

次に読みたい関連記事「陸上競技」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら