11打席連続無安打 不振の清宮に荒木二軍監督が意外な評価

11打席連続無安打 不振の清宮に荒木二軍監督が意外な評価
3回、捕邪飛を打ち上げた清宮

<ロッテ7-6日本ハム(24日)>日本ハム・清宮幸太郎内野手(19)が24日のロッテ戦(ZOZOマリン)に「8番・左翼」で先発出場。四球、捕邪飛、空振り三振と2打数無安打で、6回の守備からベンチへ退いた。

 これで11打席連続無安打となり、試合後は「自分のなかではボールの待ち方は悪くないかなと思う。なかなかいい当たりが飛んでくれないかな。明日も切り替えて、しっかり万全の状態でやるだけです」。そんな清宮に、荒木二軍監督は意外にもその現状を歓迎している。

「映像で見た限りでは、思ったより一軍の投手相手に対応しているなというのが率直な感想。もちろん空振り三振や凡打も多いわけだけど、それだけ相手を本気にさせてるってことだからね」

 清宮は空振り三振が目立っているが「うらやましいくらい“いい壁”にぶち当たってるよね。彼のような打者の場合、要所で打てばいいわけだから、あえて減らす必要はないと思う。手が出せずに見逃し三振とかではなくて、空振り三振は積極的に攻めた上での結果だから」と評価する。

 また「彼のセンスからしたら打とうと思えばバットに当てるだけの打撃で安打を打つことはできる。ただ将来、クリーンアップを打つような選手になるのだとしたら、細かいことは気にしないでやってほしい」とも。

 そんな荒木二軍監督だが「唯一心配事があるとすれば…。現在の打撃不振は彼にとってはプラスになっているかもしれないが、チームにとってマイナスになっていないかが心配」とポツリ。チームは現在2位とあって、打率1割台の清宮が足を引っ張っていないかが気にかかるという。

 25日にはアルシアが一軍に合流予定。一軍登録は状態を見てからになるが、いよいよ清宮の二軍降格が現実味を帯びてきた。果たして残り少ないチャンスで結果を出すことはできるか…。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「11打席連続無安打 不振の清宮に荒木二軍監督が意外な評価」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    まあ、これからの選手だからな。オールスターぐらいまでは温かく見守ろうや。

    0
この記事にコメントする

「清宮幸太郎 + 年俸」のおすすめ記事

「清宮幸太郎 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「高山俊」のニュース

次に読みたい関連記事「高山俊」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「吉田輝星」のニュース

次に読みたい関連記事「吉田輝星」のニュースをもっと見る

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月25日の野球記事

キーワード一覧

  1. 清宮幸太郎 年俸

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。