【岡山小3女児殺害】規格外モンスターの凶悪な思考回路

       

 2004年に岡山県津山市で小学3年だった筒塩侑子(つつしお・ゆきこ)さん(9=当時)が殺害された事件で、岡山県警は30日、別の事件で服役中の勝田州彦容疑者(39)を逮捕した。同容疑者は09年3月と15年5月にも少女に対する殺人未遂、傷害容疑などで実刑判決を受けた超凶悪犯。幼少期のいじめが原因で自傷行為に走り、いつしかそれが「少女の苦しむ姿を見ると興奮する」というゆがんだ性癖を生み出した。規格外モンスターの思考回路とは――。

 侑子さんが殺害されたのは04年9月3日。津山市の自宅1階の洋室で胸など数か所を刺されて倒れているのを帰宅した姉が見つけた。司法解剖の結果、凶器は鋭利な刃物で、刺し傷の一部は肝臓に達していた。

 県警は侑子さんが帰宅直後の15~20分の間に襲われた可能性が高いとみて捜査。延べ6万人以上の捜査員を投入し、同約700人を聴取してきたが、捜査は難航していた。

 そんななか、15年5月に兵庫県姫路市の路上で中学3年の女子生徒をナイフで刺し、殺人未遂罪で岡山刑務所に服役中(懲役10年)だった勝田容疑者が警察の取り調べに侑子さん殺害を認めた。自白したのか、県警が物証を突きつけたのかは不明だが、勝田容疑者の過去をひもとくと、侑子さん殺害に関与していても不思議ではない素性が浮かんでくる。

 同容疑者には複数の犯罪歴があり、いずれも少女相手。09年には小学1年生の女児の腹部を殴り、肝臓出血の大ケガを負わせた傷害容疑で逮捕・起訴されている。勝田容疑者いわく、同様の手口で「10人くらいの子供を殴った」。動機については「女の子の痛がる顔を見ると、性的に興奮する」と供述。傷害と暴行の罪で10年に懲役4年の判決を受けている。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月31日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。