月船さららと初舞台「女帝」数奇運命 宝塚時代の悩みを解決してくれた漫画

月船さららと初舞台「女帝」数奇運命 宝塚時代の悩みを解決してくれた漫画
左から渡邉翔、月船さらら、杉本有美、宝龍規

 元宝塚歌劇団男役スターだった女優・月船さらら(43)が30日、東京・渋谷のCBGKシブゲキ!!で行われた主演舞台「女帝」の初日公演を前に記者会見を行った。

「女帝」は主人公の立花彩香が、ホステスとしてさまざまな修羅場を経験し、“銀座の女帝”と呼ばれるようになるまでの半生を描いた人気漫画が原作。過去に映画やテレビドラマになったことはあるが、舞台化されるのは今回が初めて。

 主演の月船は「ものすごく運命を感じている舞台」と明かした。「宝塚時代にいろいろ悩んでいる時に、ふと手にした漫画が『女帝』でした。読んだ時、彩香の生き方にすごく勇気をもらいました」

 宝塚在籍中は「ありとあらゆることに悩んでました」。“女の園”である宝塚は「『女帝』の世界にも似てるのが、ホントにピラミッド社会で。何十人といる女性がみんな仲間でありライバル。根性がないと生きていけない世界で、『根性って何だろう?』と思っていた時に、その正解が『女帝』という漫画の中にあった」と言う。

 具体的に「女帝」から学んだことは、女の強さやしなやかさだという。

「強いだけじゃ折れちゃうけど、そこに柔らかさや人を思いやる気持ちとかを持ち合わせながら戦いの世界で生きていく。どうやって人との関係性を築いて、自分の志を曲げずに頑張っていくかということを漫画から学びました」

 宝塚退団後に「女帝」の原作者である倉科遼氏に会う機会があったそうで「ホントに驚きました。『女帝』はテレビや映画でやってるのに舞台ではやらないのだろうと思っていて、先生にお伝えしたのが実現してしまった。そのうえ彩香を演じさせてもらえることになり、運命に驚いています」。

 共演は渡邉翔、杉本有美、室龍規らで、6月3日まで同所で行われる。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る 2018年5月31日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。