日大アメフット「新監督人事」の攻防

日大アメフット「新監督人事」の攻防
学連から除名された井上(左)、内田の両氏

 日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、同部の新体制が注目を集めている。一部では「理事長の懐刀」と呼ばれる人物が後任監督に就任するのではとの臆測も飛んでいるが、もちろん部の体質を根本的にただすには「内田色一掃」はやらなければ意味はない。理事長サイドの人物では同じことの繰り返しになるだけだろう。そんな中、本紙はアメフット部首脳陣による暴言も新たにキャッチ。また、新生アメフット部を真摯に考える現場サイドが推す、次期監督の有力候補も明らかになった。

 日大アメフット部には13人のコーチがいた。まずは5月23日に内田正人前監督と一緒に会見に臨んだ井上奨コーチが辞任を表明。その後、関東学生アメフット連盟から資格剥奪処分を受けた森琢ヘッドコーチ、さらに長谷川昌泳コーチと田中芳行コーチの辞任が30日に発表された。

 そんな中、森前ヘッドらコーチ陣に関する「新事実」が日大関係者により明らかとなった。

 内田前監督の辞任後、当初は残された「内田派」のコーチらでチームを何事もなかったように再スタートさせるつもりだったという。

 当然これには部内外から批判が殺到。すると森前ヘッドは、反則行為を行った宮川泰介選手の復帰を待つ部員らに対し「戻らない選手をいつまでもかばってどうする」と言い放ったという。

「(宮川)泰介をそんなふうに扱うなんて考えられない!」と部員らは激怒。これをきっかけに選手間では「部員主導でチームの改革に努めよう」との機運が高まり、父母会と連係しての声明文の発表へとつながった。結果“内田派残党”によるチーム再編計画は水泡に帰し、退陣を余儀なくされた森前ヘッドらは「お前らいいかげんにしろよ」と、部員らに恨み節を浴びせたという。


当時の記事を読む

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「日大アメフット「新監督人事」の攻防」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    日大は、暗黒部を抱えたまま何も変わらずか!

    1
  • 匿名さん 通報

    いままでの流れからすれば信用に値しないでしょ? 対戦相手あるスポーツだから廃部する方が賢明なだよ… 怪我と隣合わせの際どいスポーツだから不審が生まれた以上はね… 理事長が辞めるところからだよ!

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「アメリカンフットボール」に関する記事

「アメリカンフットボール」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アメリカンフットボール」の記事

次に読みたい「アメリカンフットボール」の記事をもっと見る

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月5日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。