【日大アメフット問題】監督、常務理事に続き内田氏が辞任した関連会社「日大事業部」の闇

【日大アメフット問題】監督、常務理事に続き内田氏が辞任した関連会社「日大事業部」の闇
内田氏は関連会社の取締役を辞任した

 関連会社にもメスが入るか。株式会社日本大学事業部は6日、日大アメリカンフットボール部の悪質な反則問題で監督を退いた内田正人氏(62)が5月30日付で同社の取締役を辞任したと発表。辞任の理由は「一身上の都合」としている。

 日本大学事業部は学校法人の日大が出資し、2010年1月に設立された。保険代理店事業や自動販売機の設置・管理、日大オリジナルグッズの販売などの学生支援事業などを行っている。

 内田氏はアメフット部監督、日大常務理事に続く辞任。事業部については「莫大なカネが集まる場所。担当の理事はアメフット部出身で内田氏の後輩。高級外車を5台所有するなど羽振りが異常に良く、内田氏への“貢ぎ物”も相当と言われていた。これまで各学部や各体育部に任されていた備品購入も、去年から全て事業部を通すように指示されている。自動販売機も特定メーカーが突然排除されるなど、田中英寿理事長、内田氏らの思いのまま」(日大関係者)と悪評ばかりだった。

 それが今回の問題で、事業部の“闇”にもようやく焦点が当たり始めた。7日発売の「週刊文春」で事業部を巡る内田氏の裏金疑惑が報じられるなか、同氏は辞任によってさらに暴かれる危機を逃れようとしたのか…。

 この日、弁護士7人で構成される日大の第三者委員会は反則があった関学大との定期戦が行われた試合会場を初めて視察した。今後、日大、関学大アメフット部の指導陣や選手らに聞き取りし原因究明を行い、7月下旬をめどに再発防止策などをまとめる予定だ。

 一方、日大アメフット部は独自の再建案を作成し、今月中旬までに関東学生連盟に提出する方針。再生へ動きだすアメフット部とは対照的に、大学内からはまだまだ「膿」が出てきそうだ。

あわせて読みたい

東スポWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュース

次に読みたい関連記事「ラグビー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「陸上競技」のニュース

次に読みたい関連記事「陸上競技」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バドミントン」のニュース

次に読みたい関連記事「バドミントン」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月7日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。