公園女子トイレ盗撮男の異常執念 成人女性は撮れても映像消す

 女子中高生が公園のトイレを使用する姿を盗撮したとして、埼玉県警少年捜査課は14日までに児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで、羽生市の会社員川田哲也容疑者(37)を逮捕した。

 5月6日、本庄市の公園女子トイレで県北居住の女子中学生を小型カメラで盗撮し、児童ポルノ映像を製作した疑い。驚いたことに、自宅からカメラ11台、マイクロSDカード121枚、盗撮モノのエロDVDが400枚も押収された。「6~7年前から始めた」と容疑を認めている。

 捜査関係者は「男はビルの清掃員だが、犯行はすべて公園の女子トイレ。被害者は500人を超える。カード1枚に6~7人分の用便が収録されていた」と話す。

 撮影には異常すぎる執念があった。複数のカメラを個室に設置し、顔と下半身の映像を別アングルから撮影。機材も人感センサー、暗室対応の赤外線カメラなど各種取り揃える。壁を彫って埋めたり、両面テープで壁に付けたり、見えにくい場所にカメラを設置する悪質な技術もあった。

「筋金入りの“変態職人”だ。女子中高生にこだわりを持ち、成人女性は撮れても映像を消していた」(同)

 盗撮事情通は「マニアは横のつながりがあって、手法、場所の情報、自身の“作品”を共有する。ネット販売で稼ぐ者も多い」と話す。それゆえ、流出が心配の種だ。ネットに流れたら回収は不可能だからだ。

 ただ、最悪の事態は避けられた可能性がある。「慎重に捜査するが『売買・譲渡・交換していない。自分で楽しむだけ』と話している。パソコンも持っていない。ケータイで映像を観賞していただけのようだ」(同課)

 この“変態職人”が好んだのは人の出入りが多く、掃除の行き届いた公園のトイレだった。

「女性はクモの巣の張った汚いトイレを使わない。広くてベビーチェアなど物の多い個室こそカメラを隠しやすかった」(捜査関係者)

 女性はくれぐれも注意してほしい。

あわせて読みたい

気になるキーワード

東スポWebの記事をもっと見る 2018年6月15日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。